• 金融機関のデジタル活用
  • 金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
    ニュース
    » 2021年09月02日 16時28分 公開

    三菱UFJ、資産形成サービス「Money Canvas」 多数の資産運用スタートアップが参加

    三菱UFJ銀行は9月2日、総合資産形成サービス「Money Canvas」を12月から提供すると発表した。スマートフォンを起点とし、三菱UFJグループだけでなく、複数の資産運用系スタートアップが参画する。

    [斎藤健二,ITmedia]

     三菱UFJ銀行は9月2日、総合資産形成サービス「Money Canvas」を12月から提供すると発表した。スマートフォンを起点とし、MUFGグループだけでなく、複数の資産運用系スタートアップが参画する。

     まず、10月にポイント運用およびポイントの株式交換サービスを提供する。システムはSTOCK POINTが提供し、「STOCKPOINT for MUFG」において、ポイント運用など資産運用の疑似体験を提供する。

     12月にはMoney Canvasを正式提供し、株式投資をauカブコム証券、三菱UFJ銀行が、合同金銭信託を三菱UFJ信託銀行が提供。参画するスタートアップとして、クラウドファンディングをファンズが、ロボアドバイザーサービスを三菱UFJモルガン・スタンレーとウェルスナビが提供する。

     さらに2021年4月には、東京海上日動と損害保険ジャパンが保険サービスを提供する。これらに加え、順次、商品やサービスを拡充する。

     なお、Money Canvasの開発は、Finatextグループのクラウド金融インフラ、データ基盤を活用して行った。

    Finatextグループのデジタル金融統合基盤システム

    Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

    アクセスランキング
    • 本日
    • 週間

      Digital Business Days

      - PR -