• Digital Business +Design
  • ITmedia DX
    ニュース
    » 2022年05月06日 07時00分 公開

    アサヒグループ、情報資産の「ハブ」基盤としてBoxを導入

    アサヒグループが、全社の情報資産を一元管理、活用する“ハブ”として「Box」を導入した。情報資産のサイロ化を解決した他、APIも活用し、情報資産とアプリケーションの“疎結合”で、ビジネス変化に対応する柔軟な基盤を構築した。

    [金澤雅子,ITmedia]

    この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

     Box Japan(以下、Box)は2022年4月27日、アサヒグループジャパン(以下、アサヒグループ)が、全社の情報資産を一元管理する“コンテンツハブ”として「Box」を採用したと発表した。

    Photo アサヒグループジャパンの公式Webサイト

    Boxで実現 ビジネス指向の新たなIT環境とは

     これまでアサヒグループはグループ事業所や子会社で業務や部門、個人ごとにファイルやデータを管理しており、情報資産のサイロ化が広がっていた。そのため事業戦略や業務遂行、コミュニケーション、コラボレーションにおける情報資産の有効活用が進まず、経営課題の一つとなっていた。セキュリティや情報ガバナンスにも懸念が生じていた。

     今回、こうした社内に分散する構造化データ/非構造化データを含むあらゆる情報資産(コンテンツ)を集約、活用するための“コンテンツハブ”基盤としてBoxを導入した。セキュリティとガバナンスを強化しつつ、情報資産を業務効率化や気付きの獲得につなげるられるよう、ビジネスの動向に応じた柔軟な管理、活用を実現したいと考えて導入したという。

    Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

    Digital Business +Design

    注目のテーマ