• Digital Business +Design
  • ニュース
    » 2022年05月06日 13時30分 公開

    Dellがストレージポートフォリオを拡充 「Dell Project Alpine」でクラウド連携を強化

    Dellがストレージ製品のポートフォリオ強化を進める。クラウドデータサービスとの連携など大胆な施策を基に、目下目指すのは、ハイブリッド、マルチクラウドでのデータ運用基盤としての地位確立だ。

    [ITmedia]

     Dell Technologiesは2022年5月2日(現地時間)、グローバルイベント「Dell Technologies World」を開催。ハイブリッドクラウドでのデータ運用、クラウドデータサービスの活用を想定した新しいソリューションを発表した。

     ハイブリッド、マルチクラウドでのITインフラ運用管理を効率化する方法は共通の仮想基盤やファームウェア(OS)を使った運用共通化など、さまざまなベンダーが提案している。Dellの場合、2020年に「Project APEX」を発表し、自社ハードウェアのas a Serviceモデルでの提供施策を進めてきた(関連記事)。その成果の一部が今回発表されたソリューション群だ。

     パブリッククラウドかオンプレミスかの二項対立ではなく、オンプレミスを軸に各パブリッククラウドを「うまく使う」アプローチと捉えられる。

    ハイブリッドクラウド運用の基盤としてのストレージサービス強化

    Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

    Digital Business +Design

    注目のテーマ