• <samp id="egaec"></samp>
  • <menu id="egaec"></menu>
  • <blockquote id="egaec"><u id="egaec"></u></blockquote>
  • ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

    • 関連の記事

    「広告」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

    今日のリサーチ:
    コネクテッドTV(CTV)の視聴時間はテレビ画面での全視聴時間の3割を占める――ニールセンデジタル調査
    CTVの利用が拡大する可能性を考えると、継続的にCTV広告をメディアプランに組み込むことが重要となりそうです。(2022/5/6)

    TikTok、クリエイターに収益分配の新広告サービス「Pulse」
    TikTokは初のクリエイター収益分配広告サービス「TikTok Pulse」を発表した。フォロワーが10万人以上のクリエイターに、広告収益の50%を分配する。(2022/5/5)

    大幸薬品、「クレベリン」めぐり謝罪 景表法違反認める
    「空間のウイルスや菌を除去する」という広告表示が優良誤認であるとして、消費者庁から措置命令を受けていました。(2022/5/4)

    サードパーティーcookieの後継者【中編】
    サードパーティーcookieが使えないと「ターゲティング広告」はできないのか
    ターゲティング広告の手段として普及しているサードパーティーcookieは、プライバシーの観点から利用不可になりつつある。ターゲティング広告に必要な情報を入手するために、企業は何を活用すればよいのか。(2022/5/4)

    新聞とテレビの接触データを連携:
    読売新聞東京本社がSMNと協業し、広告業に進出
    読売新聞東京本社は、ソニーグループでマーケティングテクノロジー事業を行うSMNと、デジタルを軸とした広告ビジネスで協業する。(2022/5/2)

    景品表示法に違反:
    消費者庁、「DYM就職」を水増し広告で行政処分 “就職率96%”うたうも実際は15%
    消費者庁は就職支援サービスの就職実績を水増しした広告を使い、景品表示法に違反していたなどとして、再発防止を求めDYMに措置命令を出したと発表した。同社のサービスでは就職率96%を謳っていたが、実際の2021年度就職率は15%程度だった。(2022/5/2)

    YouTubeで「ダイエット」や「デート」の広告表示を減らす設定が可能に
    Googleは、YouTubeで表示したくないカテゴリの広告の表示を減らす機能に新たなカテゴリを追加した。これまでは酒とギャンブルのみだった。新たにデート、妊娠と出産、ダイエットについての広告の表示を減らせるようになった。(2022/4/29)

    Google Playの有料ゲームが定額遊び放題、アプリのサブスクが日本でも 月600円でAppleの競合サービスと同価格
    Google Playストアで配信している一部の有料アプリやアプリ内購入のあるゲームを、広告なしで無料で使い放題にするサブスクサービス「Google Play Pass」の提供が日本でも始まる。価格は月額600円または年額5400円(いずれも税込)。(2022/4/28)

    脱Cookieも追い風に ネットでテレビ広告を売る「TVer」が好調な理由
    サードパーティーCookieの規制が進む中、民放の公式テレビ配信サービス「TVer」は自社で取得するデータをリッチ化して広告主のニーズに応えようとしている。(2022/4/28)

    Alphabet決算は増収減益、クラウドは好調もYouTube広告が鈍化
    Googleを傘下に持つAlphabetの1〜3月期決算は、増収減益でアナリスト予測を下回った。クラウドは好調だったが、YouTube広告が鈍化した。設備投資や研究開発コストも増加した。(2022/4/27)

    サードパーティーcookieの後継者【前編】
    いまさら聞けない「サードパーティーcookie」の機能 何に役立つのか?
    広告業界が、サードパーティーcookieの利用廃止に向き合わなければいけない時が来た。代替手段を考える上で、サードパーティーcookieが果たす役割をあらためて確認しよう。(2022/4/27)

    「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
    iPhone vs. Androidのバトルは続く 「広告」で勝つのは?
    「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「モバイルOSのトラッキング規制」です。(2022/4/25)

    オバマ元米大統領、「SNSは米国の二極化に影響を及ぼした」と語り対策を提示
    バラク・オバマ元米大統領はスタンフォード大学のイベントの基調講演で、SNSの問題について語った。SNSが広告収入のために選択したプラットフォームの設計が米国の二極化に影響を及ぼしたと批判した。(2022/4/22)

    Netflix、広告付き低価格サブスクを計画中
    NetflixのヘイスティングスCEOは、広告付きの低価格有料プランの計画を発表した。同氏はこれまで広告付きプランに否定的だったが、消費者のニーズに応えるのは理にかなっていると語った。(2022/4/20)

    今日のリサーチ:
    ゲームアプリで圧倒的な低CPIはプレイアブル広告――Liftoff Mobile調査
    ゲームアプリをインストールする前に体験できるインタラクティブ型のプレイアブル広告が注目されています。(2022/4/20)

    Marketing Dive:
    Netflixにも広告? そして…… 「動画配信戦国時代」は次の局面へ
    Disney+が広告付きの利用枠開始を発表。Netflixも将来的な広告モデル導入の可能性を否定していない。そして、HBO MaxとDiscovery+が統合されて……。(2022/4/20)

    フランス公共放送系の「脱クラウド」【前編】
    「脱クラウド」に公共放送子会社が踏み切った“なるほどの理由”
    広告事業のFrance Televisions Publiciteは、バックアップやアーカイブのシステムをクラウドサービスからオンプレミスのインフラに戻した。同社はクラウドサービスに「不便さ」を感じたという。それは何なのか。(2022/4/20)

    本物しか残れない:
    ダイソー銀座店の広告カラーに込められた秘密 街に伝わる「銀座フィルター」とは
    高級ブランド店が建ち並ぶ東京・銀座に4月15日、100円ショップ最大手、大創産業の旗艦店がオープンした。利便性が向上したと歓迎の声が上がる一方、「銀座らしくない」との意見も聞かれる。果たして、ダイソーは銀座に根を張ることができるのか。(2022/4/20)

    Social Media Today:
    Googleが切り開く「検索→購入」の近道 クルマ販売でも実施へ
    進化する検索トレンドに対応すべく、Googleが新たに「車両広告」を提供開始。自動車販売業者にとって福音となるか。(2022/4/15)

    IT製品の宣伝文句を見極める3つのポイント【第2回】
    「最新で最高のツール」という宣伝に踊らされる人、冷静に見極められる人の違い
    ビジネスを取り巻く環境が急速に変化する中で、CIOは常に「いつ、どのような技術を導入するか」という判断に追われている。新技術のきらびやかな広告を目にして導入を悩んだとき、最適な選択をするには。(2022/4/15)

    クロスプラットフォームの共通視聴者数を把握:
    テレビとデジタルを横断した「人」ベースでの視聴者測定 ビデオリサーチとニールセンが共同でサービス提供
    テレビとデジタルメディアがどのように連携して広告キャンペーンによる消費者リーチを獲得するかを、包括的に理解することができるようになる。(2022/4/13)

    Marketing Dive:
    電通など世界の主要広告代理店が撤退 ロシアの広告業界は機能停止に
    Omnicomと電通がロシアから撤退した。これにより主要なグローバルエージェンシーは全て同国から離脱したことになる。(2022/4/13)

    Googleショッピング広告の「商品単位での広告最適化」が可能に:
    EC向けフィード広告最適化サービス SO Technologiesが「フォーカセル」を提供開始
    多品種を扱うEC向けの新サービス。(2022/4/11)

    「全国放送っぽくふるまっていた」――テレビ東京、新聞広告で“謝罪” 「TVer」ネット同時配信に合わせてお詫びキャンペーンも
    テレビ東京が「あたかも全国放送かのようにふるまっていた」とする“謝罪広告”を出稿し、話題になっている。翌11日からの民放公式テレビ配信サービス「TVer」での、民放10局の「地上波リアルタイム配信」開始に合わせた取り組みの一環。(2022/4/11)

    「全国放送っぽくふるまっていた」 テレビ東京が“お詫び広告”
    テレビ東京は10日、一部経済新聞に「全国放送っぽくふるまっていた件に関してのお詫び」を掲載した。「背伸びをしていた」という。(2022/4/10)

    選択肢が1つしかない……だと! 阪急・大阪梅田駅の「阪神ファン以外通れない」広告が話題に、その狙いを聞いた
    どっちを通っても阪神ファンに。(2022/4/9)

    今日のリサーチ:
    B2B SaaS企業のデジタルマーケティング 「Web広告」「SEO」「セミナー」全実施は15社中たった2社
    マーケティングに投資する余力が十分にある新規上場企業であっても、やるべきことを全てできているかというと、決してそうではないようです。(2022/4/8)

    今日のリサーチ:
    広告クリエイティブ運用、実施企業の84%が「売り上げに直結」と回答――アライドアーキテクツ調査
    効果の出るインターネット広告の秘密はクリエイティブの運用改善・PDCAにあり、と言われても実際には……。(2022/4/7)

    PR:「あなたの腸、ぐぐっと伸ばすとだいたい8メートル」 腸のスゴさが一目でわかる巨大広告がインパクト満点
    4月7日の「おなかと腸活の日」に合わせて登場。(2022/4/7)

    「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
    “ラスボス”Amazonが広告でも存在感、見過ごすとどうなる?
    「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「Amazonの広告ビジネス」です。(2022/4/6)

    沖縄県内の小規模事業所で:
    「無料」と聞いていたのに、利用規約に小さな文字 悪質な求人広告の“罠&quot; 再び増加
    インターネット上に無料で求人広告を出すと勧誘され、一定期間を過ぎると高額な料金を請求されるケースが沖縄県内の小規模事業所で相次いでいる。(2022/4/5)

    今日のリサーチ:
    ソーシャル広告に対する消費者の意識 不適切な広告の配置は商品の購入意向にマイナスの影響――IAS調査
    ソーシャルメディア上のコンテンツの文脈に沿ったインフィード広告に対して消費者の意識がどのように変化し、それがブランド・広告主企業に対する見方や購買意欲にどう影響を与えているのでしょうか。(2022/4/5)

    デジタルサイネージ広告が回復 コロナ前超えも 外出控えは解消傾向 AI進化も追い風
    新型コロナウイルス感染拡大で落ち込んだデジタルサイネージ広告市場が再び注目を集めている。感染症対策と経済活動の両立が進み、外出を極端に控える傾向が解消されるとみられるためだ。2023年にはコロナ前の水準を上回るとの見方もある。(2022/4/4)

    Go AbekawaのGo Global!〜Monika Weissmann(前):
    全部知りたい、全部やりたい 欲張りモニカは大好きを1つに絞り切れない
    ITが好き、言語も好き、広告もブランディングも好き。だから、1つのキャリアではなく、スキルに集中することにした。(2022/3/22)

    デジタルサイネージ広告が回復 コロナ前超えも 外出控えは解消傾向 AI進化も追い風
    新型コロナウイルス感染拡大で落ち込んだデジタルサイネージ(電子看板)広告市場が再び注目を集めている。感染症対策と経済活動の両立が進み、外出を極端に控える傾向が解消されるとみられるためだ。人工知能(AI)カメラで年齢層や性別を把握し、それに応じた情報発信が可能なデジタルサイネージも登場。こうした進化もあって、回復が加速し来年にはコロナ前の水準を上回るとの見方もある。人が行き交う空港や駅での展開が活発化している。(2022/4/1)

    徹底解説!Cookie規制と法改正:
    新設の「個人関連情報」、規制を受けるケースとは? 第三者提供は何がNG? 弁護士に聞く
    2022年4月施行の個人情報保護法改正で新設された「個人関連情報」。どんなケースにおいて規制を受けるのか? 広告やマーケティングなどの実務担当者がひとまず押さえておくべき法令のポイントについて、森・濱田松本法律事務所の田中浩之弁護士にインタビューしました。聞き手はトレジャーデータの山森です。(2022/4/1)

    石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
    アイスの棚が「稼げる広告」に変身! 小売店の新しい可能性
    小売店舗には「消費者との接点を持っている」という強みがあります。これまで、オフラインの小売店はオンラインの小売店に比べて広告では稼げないとされてきましたが、状況は変わってきているようで――。(2022/4/1)

    「TV AaaS」に新機能搭載:
    テレビスポット効果の最大化へ、AIを活用して複数社間で広告枠の組み替えを実現 博報堂DYメディアパートナーズ
    広告主のマーケティングKPIが多様化する中、AIが各社に最適な形で広告枠を組み替える。(2022/3/31)

    スケールアップして帰ってきた秋葉原のマクドナルドに、バーガーキングがまたも縦読み広告で煽る 「店のデカさより大事なこと」
    そう来たか……!(2022/3/31)

    はだのモーピク踏切:
    小田急、踏切に“ネーミングライツ”の実証実験 イメージアップと利用価値を創出へ
    小田急電鉄は3月30日から、踏切を広告媒体として活用する「踏切ネーミングライツ」の実証実験を開始する。(2022/3/30)

    Netflix、3社目のゲーム企業買収 サブスクで無料プレイ可能ゲームラインアップ充実に向けて
    昨年ゲーム分野への進出を発表したNetflixがゲームメーカーBoss Fight Entertainmentを買収する。これで3社目になる。サブスク会員は「Dungeon Boss」などのゲームを広告非表示、無料でプレイできるようになる見込みだ。(2022/3/25)

    YouTube、米国で数千のテレビ番組と映画を広告付きで無料視聴可能に
    YouTubeは、米国で約4000点のテレビ番組を広告付きで無料配信する。約1500本の映画も広告付きで配信する。(2022/3/24)

    Marketing Dive:
    Androidでもアプリのトラッキング制限 TikTokやMeta(旧Facebook)が生き残る道は?
    ソーシャルメディアプラットフォームはWebブラウザに続いてモバイルアプリにおいてもプライバシーへの懸念に対応を迫られている。広告主はどうすればよいのか。(2022/3/23)

    45周年なのに全国知名度たったの4%!? バンダイの「ガシャポン」、認知度アップのプロジェクト始まる
    新聞広告や限定自販機で知名度アップを目指します。(2022/3/21)

    今日のリサーチ:
    動画広告の9割は媒体最適化ができていない――リチカ調査
    動画広告には媒体特性にあった最適なクリエイティブが不可欠。しかし、必要な条件全てをクリアするのは、なかなかハードルが高いようです。(2022/3/18)

    転職時の“決定年収”上昇率、業種別で3位はIT・通信、2位はネット・メディア 1位は?
    転職時の「決定年収」が最も上昇した業種はどこか。転職サービス「doda」が調査したところ、「総合商社」が2019年と比較して9.9ポイント上昇。2位は「インターネット/広告/メディア」で7.2ポイント、3位は「IT/通信」で5.4ポイント上昇した。(2022/3/17)

    健全性と信頼性の向上:
    動画広告の法令違反を防ぐ「動画広告チェックテーラー」
    薬機法や著作権侵害への知見が豊富な専門スタッフが、動画広告・コンテンツをチェック。(2022/3/16)

    広告なしでYouTubeが見れるアプリ「Vanced」開発終了 「法的な理由のため」
    YouTubeのAndroid向けサードパーティーアプリ「Vanced」は、同アプリの開発を終了する。Telegram上で「法的な理由なため」と経緯を説明。近日中に、Webサイト上のダウンロードリンクを削除するという。(2022/3/14)

    コロナ前後で比較:
    「転職時の決定年収」が上がった業種、2位「インターネット/広告/メディア」、1位は?
    パーソルキャリアの運営する転職サービス「doda(デューダ)」は、コロナ前後での「決定年収上昇率ランキング(業種版)」を発表した。上昇率約10%で1位となった業種は?(2022/3/14)

    欧州委員会、GoogleとMetaのオンライン広告に本格調査
    欧州委員会は、GoogleとMeta(旧Facebook)によるオンライン広告の協定が独禁法違反の疑いがあるとして調査を開始した。この協定「Jedi Blue」(コードネーム)については既に米国で調査中。英独禁法当局も調査を開始したと発表した。(2022/3/12)


    サービス終了のお知らせ

    この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

    にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。