• <samp id="egaec"></samp>
  • <menu id="egaec"></menu>
  • <blockquote id="egaec"><u id="egaec"></u></blockquote>
  • ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

    「人工知能」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

    「人工知能」に関する情報が集まったページです。

    関連キーワード

    MLPerfの推論スコア:
    新興企業Syntiant、tinyMLベンチマークで圧勝
    エンジニアリングコンソーシアムのMLCommonsが最近、機械学習の業界標準ベンチマーク「MLPerf」の推論(Inference)ラウンドのスコア結果を発表した。MLPerf Tinyでは、米国の新興企業Syntiantが、キーワードスポッティングのレイテンシとエネルギー消費量のベンチマークでトップの座を獲得している。一方NVIDIAとQualcommは、エッジ/データセンターのカテゴリーにおいて再び激しい争いを繰り広げた。(2022/5/6)

    医療機器ニュース:
    軽度認知障害からアルツハイマー病に進行するかを予測するAI技術を開発
    富士フイルムは、アルツハイマー病への進行をAIで予測する技術を用いて、軽度認知障害患者が2年以内にADへ進行するかどうかを最大88%の精度で予測することに成功した。(2022/5/6)

    メカ設計ニュース:
    NCプログラム自動作成ソフトウェアを更新、ポケット形状や溝形状にも対応
    中村留精密工業は、NCプログラムを自動で作成するソフトウェア「3D Smart Pro AI」をアップデートした。アップデートにより、底面にフィレットがあるポケット形状や溝形状などにも対応可能になった。(2022/5/6)

    安全支える熟練の技:
    日本屈指の平面交差 ポイントは41基も、近鉄大和西大寺駅
    古都・奈良への玄関口につながる近鉄大和西大寺駅は、大阪難波や京都、橿原神宮前方面へと通じる一大ジャンクションだ。何本もの線路が立体ではなく平面で複雑に交差し、線路の分岐は計41基も。(2022/5/5)

    新聞とテレビの接触データを連携:
    読売新聞東京本社がSMNと協業し、広告業に進出
    読売新聞東京本社は、ソニーグループでマーケティングテクノロジー事業を行うSMNと、デジタルを軸とした広告ビジネスで協業する。(2022/5/2)

    東京ガス、膨大なデータを自然言語で検索するAIサービスを導入 データ資産を最大活用
    東京ガスは、アクセンチュアが提供するデータ資産の活用を支援する「AI Powered ナレッジシェアリング」を導入した。同ソリューションは企業が保有するデータの価値を引き出し、データドリブン経営を支援する。(2022/5/6)

    IDCが予測:
    企業におけるデータ処理の「変化」が背景に 高成長続く国内エッジインフラ市場
    IDCは、国内のエッジインフラ市場の予測を発表した。2021年の支出額は、対前年比19.3%増の4056億円だった。2021〜2025年の年間平均成長率は9.9%で、2025年の支出額を5911億円と予測する。(2022/5/2)

    Metaが手掛けるスパコン開発【第2回】
    Meta(旧Facebook)の自前スパコン「RSC」は何のハードを使っているのか?
    Meta Platformsが開発したスーパーコンピュータ「AI Research SuperCluster」(RSC)は、同社のこれまでのシステムとどう違うのか。どのようなハードウェアで構成されているのか。(2022/5/2)

    PR:Wi-Fi 6対応で簡単に無線エリアを拡大! TP-Linkの高速メッシュWi-Fiルーター「Deco X50」をおススメする理由
    TP-Linkの最新メッシュWi-Fiルーター「Deco X50」は、高速無線LANのWi-Fi 6への対応はもちろん、難しい知識なしで簡単にWi-Fiのエリアを広げることができる優れものだ。通信テストを交えつつ、その実力をチェックしていこう。(2022/5/2)

    遊んで学べる「Experiments with Google」(第7回):
    自宅で宇宙を独り占め――日食も流星群も、惑星が並ぶ天文ショーも再現 “バーチャル星空観察”のススメ
    流星群や日食、惑星が並ぶ現象など珍しい天文ショーを見逃すことは多々ある。そこで“バーチャル星空観察”をテーマに、自宅で夜空を満喫できるWebコンテンツを紹介する。(2022/4/30)

    味、原材料……アイデア入力でAIがレシピ キリン、新商品開発に活用
    キリンビバレッジが、商品開発にAIを導入する。熟練開発者の思考パターンを基にした専用ツール「アセスメントAI」の開発に成功し、4月から試験運用を始めた。開発工程のDXで、高いレベルの品質が求められる健康関連商品の開発を加速させる。(2022/4/28)

    味、原材料……アイデア入力でAIがレシピ キリンビバ、新商品開発に活用
    開発工程のデジタルトランスフォーメーション(DX)で、高いレベルの品質が求められる健康関連商品の開発を加速させる。(2022/4/28)

    医療機器ニュース:
    AIによる画像処理技術を搭載した血管撮影システムの最上位機種
    島津製作所は、画像処理エンジンにAIを搭載した、血管撮影システム「Trinias」の最上位機種を発売した。ディープラーニング技術を利用した画像処理技術などにより、透視によるX線被ばく量を40%以上削減した。(2022/4/28)

    リコーとサイボウズが業務提携 「リコーブランド版kintone」(仮)で国内外でDX伴走型サポートを提供
    リコーとサイボウズは、国内外での伴走型サポートによるDX推進を目的に業務提携に合意した。両社が共同開発する「リコーブランド版kintone」(仮称)をリコーが抱える国内外の顧客に提供する。(2022/4/28)

    「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(2):
    定年を自覚したエンジニアがひねり出した“投資のHello Worldアプローチ”
    定年がうっすら見えてきたエンジニアが、なりふり構わず「お金/投資」について勉強するシリーズ。今回から、「何でもいいから、1万円で金融商品を一つ買ってみよう」という戦略、名付けて“Hello Worldアプローチ”を実践していきます。(2022/4/28)

    AI:
    墜落制止用器具フック不使用者を自動検知するAIモデルを構築・検証、奥村組ら
    奥村組と日立ソリューションズは、画像認識AI(人工知能)技術を活用した墜落制止用器具(安全帯)のフック不使用者を自動検知するAIモデルを構築した。(2022/4/28)

    CIO Dive:
    5GやIoTへの投資、誰が決める? 米企業で経営陣が関与する「3つの理由」
    Gartnerのレポートによれば、米国企業の半数以上が5GやIoT、AIといった先端技術への投資に関する重要な意思決定者として「取締役会」を挙げている。経営陣自らが関わる理由とは何か。(2022/4/28)

    小寺信良が見た革新製品の舞台裏(21):
    Z世代の心に響け、ソニーの“穴あき”イヤフォン「LinkBuds」に見る音の未来
    ソニーが2022年2月に発売したイヤフォン「LinkBuds」は、中央部に穴が開いたリング型ドライバーを搭載している。あえて穴を空けることで、耳をふさがず、自然な形で外音を取り入れるという技術的工夫だ。これまで「遮音」を本流とした製品展開を進めてきたソニーだが、LinkBudsにはこれまでの一歩先を行くという、同社の未来に向けた思いが表れている。(2022/4/26)

    組み込み開発ニュース:
    最新コア「Cortex-M85」を採用、ArmがIoT機器開発期間短縮ソリューションを拡充
    ArmがIoT機器の開発期間を大幅に短縮する包括的ソリューション「Arm Total Solutions for IoT」のラインアップを大幅に強化すると発表。同ソリューションの検証済み統合型サブシステム「Arm Corstone」に、新たなマイコン用プロセッサコア「Cortex-M85」を中核とする「Corstone-310」などを追加している。(2022/4/27)

    宇宙開発:
    アクセルスペースが小型衛星量産化へ、宇宙開発を地上のモノづくりに近づける
    アクセルスペースは2022年4月26日、小型衛星の製造、運用、廃棄などに必要なプロセスをパッケージ化した「AxelLiner」を開始すると発表した。従来より、安価かつ高速な小型衛星の製造、サービスインを実現する。2023年後半に同サービスで製造した衛星の実証機を打ち上げる予定。(2022/4/27)

    ドローン:
    ウェザーニューズ、航空気象サービスに強風リスク予測と瞬間風速予測を追加
    ウェザーニューズは、同社の航空気象サービス「FOSTER-GO」に強風リスク予測と瞬間風速予測を追加した。ドローンやヘリコプターの安全運航に寄与するものとなっている。(2022/4/27)

    大企業はサービス事業者に何を求めている? IDCが国内DX支援サービスの需要動向を調査
    IDCは、国内企業のDXを支援するITサービス/ビジネスサービスの需要動向調査の結果を発表した。同調査から、支援サービスの選択に当たって事業者に求められる能力が明らかになった。(2022/4/27)

    ロボット開発ニュース:
    ロボットの“付き添い”を不要化、フルリモートの自動配送サービス実現に前進
    パナソニックは2022年4月15日、「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン」域内で、保安要員なしでの小型低速ロボットを使った自動配送サービスの道路使用許可を取得したと発表した。(2022/4/28)

    2022国際ロボット展レポート:
    あの壊れないロボットが4足歩行のヤギに、力強い遠隔操縦ロボも――iREX2022サービスロボットレポート
    コロナ禍を経て開催の時期や規模で影響を受けた「2012国際ロボット展(iREX2012)」。本稿では、サービスロボットゾーンの展示を中心にレポートする。4足のヤギ型ロボットで話題をさらった川崎重工業のヒューマノイドロボットや、本田技術研究所と人機一体の遠隔操縦ロボット、社会実装が進みつつある自動配送ロボットなどに注目が集まった。(2022/4/27)

    Matterport Axis 体験レポート:
    アイティメディアの受付エリアをiPhoneでサクッと3Dデジタルツイン化してみた
    2022年4月に日本法人を設立したMatterport(マーターポート)。同社が提供するスマホ向けの空間3Dキャプチャーアプリ「Matterport Capture」と、間もなく国内での販売が開始されるモーター駆動式自動回転雲台「Matterport Axis」を用いて、アイティメディアの受付エリアの空間3Dキャプチャーを行ってみた。(2022/4/27)

    アナリティクスはどう変わるのか【前編】
    「AI」と「自動化」が“秒で意思決定”を実現する
    AI技術と自動化技術という2つの技術を組み合わせれば、リアルタイムの行動につながる洞察を提供できるとアナリストは指摘する。アナリストの発言から、アナリティクスのトレンドを読む。(2022/4/27)

    CPUは一気に3世代進化:
    「VAIO S15」に2022年夏モデル 第12世代Coreプロセッサ搭載で5月下旬発売
    VAIOの15.6型ノートPC「VAIO S15」に、プラットフォームを刷新した新モデルが登場する。CPUは第9世代Coreプロセッサから第12世代Coreプロセッサとなり、メインメモリやSSDのスペックなども“底上げ”されている。(2022/4/26)

    安全システム:
    日産がLiDAR採用の運転支援技術、2段階の衝突回避で複雑な場面に対応
    日産自動車は2022年4月25日、障害物や車両との衝突を緊急回避するための次世代センシング技術を発表した。障害物を操舵アシストで回避した後に歩行者を検知してブレーキを制御するというように、2段階での緊急回避を実現する。この運転支援技術「グラウンド・トゥルース・パーセプション」は技術開発を2020年代半ばまでに完了させ、新型車に順次搭載する。(2022/4/26)

    人工知能ニュース:
    機械学習活用のAIシステム運用に欠かせない「MLOps」とは何か
    東芝は2022年4月20日、同社のAI技術を紹介するセミナーの中で、企業が機械学習を用いたシステムを導入した後、同システムを継続的に改善していく「MLOps」について解説した。MLOpsの基礎知識から、実施する際の留意点などを解説した。(2022/4/25)

    PPACの改善を加速:
    「ムーアの法則」減速への打開策? ヘテロジニアス設計
    半導体業界では現在、IoT(モノのインターネット)やビッグデータ、AI(人工知能)などによる新しい成長の波が押し寄せている。しかし、半導体イノベーションの必要性がこれまで以上に高まっているにもかかわらず、従来型のムーアの法則の2D(2次元)微細化は、減速の一途にある。(2022/4/25)

    Dellが3つの小売企業向けソリューションを発表 エッジテクノロジー検証のためのラボも提供
    は、小売企業向けエッジソリューションを発表した。小売企業に特化したエッジ環境を提供する他、同社のラボではPoCエッジソリューションの検証とテストに関するサービスを提供する。(2022/4/25)

    導入事例:
    横河電機とJSR、AIによる35日間の化学プラント自動制御
    横河電機とJSRは、AIによる35日間の化学プラント自動制御に成功した。両社発表によると、世界初の事例になるという。高信頼性が求められるプラントの制御にAIを適用できることを実証した。(2022/4/25)

    PR:新生活に彩りを QNAPの新型NAS「TS-233」とSeagate のNAS用HDD「IronWolf」で大切な写真や動画をバッチリ保存しよう
    春からの新学期や新生活に伴い、スマホやデジタルカメラで撮った写真や動画の保存場所に困っている人もいるだろう。そんな人にお勧めしたいのが、QNAPが発売した新型NASキット「TS-233」だ。SeagateのNAS用HDD「IronWolf」と組み合わせて使うことで、大事な思い出をバッチリ保存できる。(2022/4/25)

    金融業界のAI活用に立ちふさがる課題【中編】
    クレジットカード会社が「AI」と距離を置きたくなる“説明責任”問題
    金融業界の企業がAIツールの導入を進める際に、対処が必要なのが「説明責任」に関する課題だ。クレジットカード会社を例に、具体的に見ていこう。(2022/4/25)

    遊んで学べる「Experiments with Google」(第6回):
    観光地でペンギンとダンス? AIで環境音を生成? コロナ禍のいま行きたい“バーチャル世界旅行”をご案内
    ちょっと変わった“バーチャル世界旅行”をできるWebサービスを紹介する。観光地にペンギンを連れていったり、無音のストリートビューにAIで音を付けたりと、ユニークなコンテンツの裏側にあるテクノロジーにも迫る。(2022/4/23)

    DataRobotで何ができる? 業界専用AIサービスの実力は
    DataRobotは、主要産業に対応したAI機能を備えるクラウドサービス「DataRobot AI Cloud for Industries」を発表した。製造業向け、銀行向け、医療機関向け、小売業向けの4種類を用意する。(2022/4/22)

    これからの「Web会議」運用のいろは【第1回】
    会議室のリニューアル前に「なぜ会議室が必要か」を議論すべき理由
    これからオフィスの会議室をリニューアルするなら、まず「オフィスの会議室で達成したいことは何か」の定義が必要だと専門家は説く。その理由は。(2022/4/25)

    Microsoftのハイブリッドワーク支援戦略【後編】
    「Teams」がちょっと便利になるMicrosoftこだわりの機能とは?
    テレワークとオフィスワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」にまつわる不便さの解消を目指し、Microsoftは「Teams」「Outlook」の強化を続けている。主要な機能を見てみよう。(2022/4/22)

    医療機器ニュース:
    心臓の動きによる画像のブレを低減するCTシステムを発売
    富士フイルムヘルスケアは、拍動による画像のブレを低減し、AI技術を活用した画像処理機能や画像処理速度向上技術、検査効率向上技術を搭載したマルチスライスCTシステム「SCENARIA View Plus」を発売した。(2022/4/21)

    チップからクラウドに至るまで保護機能を提供:
    Microsoft、ゼロトラストの原則に基づいたWindows 11の新しいセキュリティ機能を紹介
    Microsoftは、Windows 11の今後のリリースでは大規模なセキュリティ更新によって、チップからクラウドに至るまで保護機能を提供することを明らかにした。(2022/4/21)

    Restaurant Dive:
    「ロボットレストランは是か非か」 米国レストラン経営者の論点
    外食産業では今、ロボティクスを活用した業務プロセスの自動化の波が来ている。ただしこうしたテクノロジーの導入で、従業員コストを低減できるとは考えない方がいいだろう。ロボットと人間をうまく共存させる店舗設計のポイントとは。(2022/4/21)

    Googleが専用ハードウェアを提供、メンテナンスするマネージドサービス:
    Google、Kubernetesクラスタをエッジで実行できる「Google Distributed Cloud Edge」を提供開始
    Googleは、「Google Cloud」のインフラとサービスを、顧客のデータが生成、消費される場所の近くに配置する、フルマネージドのハードウェア/ソフトウェア製品「Google Distributed Cloud Edge」の一般提供を開始した。(2022/4/20)

    製造ITニュース:
    富岳のCPU適用のスパコンをクラウド形式で利用可能に、富士通が新サービス
    富士通は2022年4月6日、同社のコンピューティング技術とAIなどのソフトウェア技術を利用しやすいように体系化したサービス群「Fujitsu Computing as a Service」を提供開始すると発表した。スーパーコンピュータやデジタルアニーラといったコンピューティング技術の商用利用促進を目指す。(2022/4/21)

    事例で学ぶ製造業DXセキュリティ対策入門(8):
    この素晴らしいDXセキュリティに祝福を!
    社内DXセキュリティプロジェクトチームのリーダーに任命された、ABC化学薬品新卒6年目の青井葵。元工場長の変わり者、古井課長の手助けも得て、製造業がDXプロジェクトと併せて進めるべき「DXセキュリティ対策」を推進していく本連載。最終回となる今回は、工場セキュリティとIoT農薬散布ドローンのセキュリティという2つのプロジェクトを通じてDXセキュリティの勘所を探る。(2022/4/21)

    製造ITニュース:
    NVIDIA、AIやデータサイエンス技術を試用するプログラムを国内で本格展開
    NVIDIAは、Equinixのデータセンタープラットフォーム「Platform Equinix」上で、AIやデータサイエンスなどエンドツーエンドのソリューションを試用できるプログラム「NVIDIA LaunchPad」の日本国内での提供を本格開始した。(2022/4/20)

    新たな課題も:
    5Gとハイパースケーラーの融合で実現する新技術
    “5G(第5世代移動通信)対ハイパースケーラー”といった捉え方もあるが、5Gネットワークとハイパースケーラーは、最高の組み合わせであることは間違いない。(2022/4/20)

    人工知能ニュース:
    マスク対応の顔認証をエッジに組み込み、オムロンが「OKAO Vision」に機能追加
    オムロンが、マスクを着用したままでの顔認証が可能なAIを搭載する「OKAO Vision 顔認証マスク対応版 ソフトウェアライブラリ」を発表。入退室管理システムやセキュリティドア、工場設備などのログイン用途に向けて展開し、マスク対応版を含めた顔認証ソフトウェアライブラリの売上高を今後3年間で倍増させたい考えだ。(2022/4/20)

    AIの利用割合が17.5ポイント増加 その利用目的は?
    IDCは、国内の企業ユーザーを対象としたAIシステムに関する調査結果を発表した。AIシステムを利用する日本企業の割合が前年比で17.5ポイント増加したことが判明した。(2022/4/20)

    工場ニュース:
    尾張旭市にFA制御システム製品の新拠点、5G通信やAIを活用した次世代工場
    三菱電機は、愛知県尾張旭市に、FA制御システム製品の新しい生産拠点を設立する。次世代工場として、5G通信やAIの活用、高度な物流と生産マネジメント体制を構築し、納期の短縮、高品質かつ高効率な生産を目指す。(2022/4/20)

    金融業界のAI活用に立ちふさがる課題【前編】
    金融機関が「AI」投資を増額へ それでも残る“あの問題”
    金融業界の企業の間で、AI技術を組み込んだツールの導入を「避けられないもの」だと考える動きが広がっている。一方で金融業界がAI技術を積極的に活用する上では、解決すべき課題がある。それは何なのか。(2022/4/20)


    サービス終了のお知らせ

    この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

    にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。