• <samp id="egaec"></samp>
  • <menu id="egaec"></menu>
  • <blockquote id="egaec"><u id="egaec"></u></blockquote>
  • ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

    「人工知能」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

    「人工知能」に関する情報が集まったページです。

    自治体DXのハードルとは?
    地方自治体ビジネスへの参入、ITサービスベンダーは何をすべきか?
    自治体のDXが始まっている。しかしセキュリティを重視したITインフラを敷く公共機関において、民間サービスの導入にはハードルがある。それを他社に先んじて超えたベンダーから、参入のノウハウを聞いた。(2021/9/29)

    企業間決済「Paid」 実態調査4部門で1位を獲得
     ラクーンフィナンシャル(東京都中央区)は9月28日、提供する企業間決済「Paid」が日本マーケティングリサーチ機構の実施した企業間後払い決済サービスにおける実態調査において、4部門で1位を獲得したと発表した。(2021/9/29)

    愛・地球博記念公園でトヨタ博物館主催「クラシックカー・フェスティバル」開催 10月24日
    公道パレードもあるよ!(2021/9/29)

    車載ソフトウェア:
    トヨタ子会社のウーブン・プラネット、車載OSの開発強化でRenovo Motors買収
    トヨタ自動車の子会社ウーブン・プラネット・ホールディングスは2021年9月28日、自動車向けOSを開発する米国のRenovo Motors(レノボモーターズ)を買収したと発表した。(2021/9/29)

    製造現場向けAI技術:
    横河電機が行き着いた、工場でAIが価値を出せる3つのポイント
    スマート工場化が進む中、製造現場でのAI活用が広がりを見せている。その中で成果を出すポイントとして3つのポイントを挙げるのが横河電機だ。横河電機のプラント向けAIへの取り組みを紹介する。(2021/9/29)

    スマートリテール:
    「商品の使われ方」を把握可能にする電池レスのシート型IoTセンサー
    サトーは2021年9月28日、電池レスのIoTセンシングデバイスなどを開発するイスラエルのスタートアップWiliotと、スマートリテール分野での戦略的パートナーシップ契約を締結したと発表した。B2B2C領域での事業展開を加速する狙いがある。(2021/9/29)

    人工知能ニュース:
    想像力を備えたAIの実現へ、産学協同「世界モデル・シミュレータ寄付講座」開設
    東京大学大学院 工学系研究科、スクウェア・エニックス・AI&アーツ・アルケミー、ソニーグループ、NECの4者は2021年9月28日、オンラインで会見を開き、「世界モデル・シミュレータ寄付講座」において、AI(人工知能)に携わる次世代人材の育成と、4者の知見を合わせた新しいAIの研究開発を産学協同で推進していくと発表した。(2021/9/29)

    人工知能ニュース:
    デンソーテンが軽量エッジAIを開発、自社製品への搭載に加え外販も
    デンソーテンがドライブレコーダーなどカメラを搭載する組み込み機器のSoC(System on Chip)上でリアルタイムに画像認識を行える軽量かつ高性能なエッジAI技術を開発した。0.5TOPS程度の処理性能を持つSoCで、高性能コンピュータに用いられるGPU向けAIに匹敵する性能を実現できるという。(2021/9/29)

    FAニュース:
    AIとロボティクスを活用し、ケーブルの組み付け作業から検査までを自動化
    ASTINAは、ケーブルの組み付け作業から品質検査までの自動化を支援する「OKIKAE for ケーブル作業」を発表した。厳しい品質検査や細かな作業が求められる組み付け現場を、AIとロボティクスの活用で自動化し、省人化に貢献する。(2021/9/29)

    製造マネジメントニュース:
    NECとAWSが5Gサービス領域での連携を強化
    NECは2021年9月27日、企業向け5Gサービス領域において、AWSとのクラウド/エッジ分野での連携を強化すると発表した。NECのローカル5GソリューションにAWSのクラウド/エッジサービスを組み合わせたオファリングメニューなどの開発を進める。(2021/9/29)

    特集:「惰性をやめる、慣習を疑う」こんどこそ楽になる運用管理(7):
    クラウドは便利、でもエンジニアの学ぶ機会が減ってしまった――クラウド技術が運用者にもたらした功罪とは
    運用者目線で見たクラウド技術のメリット、デメリット、今後求められる運用者像とは何か。オンラインイベント「Cloud Operator Days Tokyo 2021」で行われたパネルディスカッション「クラウド技術、自動化技術が基盤“運用者”にもたらした効果と功罪」、その内容の一部を紹介する。(2021/9/29)

    「プレミアムコンテンツ」の読み解き方
    「コロナワクチン配布はなぜ難しいのか 得られる教訓は」を日本企業はどう読むべきか
    世界のIT動向をまとめた「プレミアムコンテンツ」の読み解き方を解説する本連載。今回は「コロナワクチン配布はなぜ難しいのか 得られる教訓は」を取り上げる。(2021/9/29)

    マイクロラーニングを成功に導くヒント【後編】
    「マイクロラーニング」はゲーミフィケーション、AI、モバイルでどう進化するか
    マイクロラーニングは学習時間を短くすることで、研修の取り組みやすさや特定トピックの覚えやすさを高めている。L&D部門の取り組み方によっては効果をさらに高めることができる。その方法は。(2021/9/29)

    踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(15)STEM教育(3):
    STEMを取り入れた「夏休みの自由研究」型パッケージ教育のすすめ
    今回は、STEMを取り入れた新しい教育を提案します。併せて、プログラミング教育×STEM教育の方程式から導き出せる、「理系日本人補完計画」という壮大な妄想(?)を語ってみます。(2021/9/29)

    製造業×IoT キーマンインタビュー:
    新CEOはユーザー企業出身、日立の産業・流通BUは「際」を乗り越えられるか
    デジタルソリューション群「Lumada」が好調な日立製作所だが、製造業に向けたLumadaの事業展開と最も関わりが深いのがインダストリーセクター傘下の産業・流通BUである。この産業・流通BUのCEOに就任した森田和信氏に、今後の事業展開の構想などについて聞いた。(2021/9/28)

    製造ITニュース:
    AIが人の作業を動画から自動分析、カメラだけで作業時間やサイクルタイムを取得
    ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)は2021年9月16日、「mcframe MOTION」シリーズについて、新コンセプトに基づき製品体系の刷新と機能強化を行ったと発表した。また、新コンセプトの下、mcframe MOTIONシリーズの2製品に新機能を追加した。(2021/9/28)

    医療機器ニュース:
    デジタル技術を活用し、ヘルスケア領域の事業価値5000億円を目指す
    NECは、AIなどのデジタル技術を活用したヘルスケア・ライフサイエンス事業を強化し、2030年に事業価値5000億円を目指す方針を示した。グループ横断で事業開発を進める。(2021/9/28)

    特集:「惰性をやめる、慣習を疑う」こんどこそ楽になる運用管理(6):
    最新Microsoftテクノロジーで従来の運用管理は、どう楽になるのか――運用管理を変える4つのポイント
    新規サービス開発におけるクラウド活用や基幹システムのクラウド移行など、オンプレミスからクラウドへのシフトが盛んな時代になった。一方で、オンプレミスに残されたシステムやサービスの運用管理も行わなければならず、そのことがこれまで以上に運用管理を複雑にしている。本稿では、クラウドとオンプレミスが混在する現在のITシステムにおいて、これまでとはどのように運用管理が変化し、どうすれば自動化や省力化、コスト削減できるかについて、Microsoftのテクノロジーやサービスとともに解説する。(2021/9/28)

    ビジネスに合った「体制とプラットフォーム」:
    DXを実現したいなら、まずアプリケーションのプラットフォームを変えよ
    DX実現の必要性を認識している企業は多いが、なかなか取り組みが進まない企業がある。有識者は「企業の在り方を変える必要があるなら、アプリケーションの開発プラットフォームを変えるべきだ」と提言する。(2021/9/29)

    ハイブリッドワークの整え方【後編】
    「テレワーカー=オフィス」の認識が安全なハイブリッドワーク実現に不可欠な訳
    将来を見据えたセキュアなハイブリッドワークの実現には、どのような考え方でセキュリティ対策を進めればよいのか。利用できる技術とは何か。有識者のアドバイスと共に紹介する。(2021/9/28)

    量子コンピュータ:
    量子コンピュータが普及しても古典コンピュータは駆逐されないーーIBM
    IBMは2021年9月21日、量子コンピュータ関連技術が産業界にもたらす影響などをまとめたレポート「The Quantum Decade」の日本語版を公開した。同社は量子コンピュータのビジネスサービス開発部門「Quantum Industry & Technical Services(QI&TS)」も擁する。(2021/9/27)

    アイデアを「製品化」する方法、ズバリ教えます!(11):
    日本の製造業の現状とその打開策【前編】
    自分のアイデアを具現化し、それを製品として世に送り出すために必要なことは何か。素晴らしいアイデアや技術力だけではなし得ない、「製品化」を実現するための知識やスキル、視点について詳しく解説する連載。第11回は「日本の製造業の現状とその打開策」の【前編】として、設計メーカーと組み立てメーカーにフォーカスした内容をお届けする。(2021/9/27)

    日本企業の7割以上が「サイバー攻撃から復旧できる自信なし」 データ保護の現状に警鐘
    デル・テクノロジーズの調査によると、世界の67%、日本の78%のIT意思決定者がサイバー攻撃で業務データが損失した場合に「自社の重要な基幹業務データを復旧できる自信がない」と回答していることが分かった。(2021/9/24)

    脱炭素関連の特許出願情報、AIで検索 日本特許情報機構と三菱電機が共同開発
    日本特許情報機構と三菱電機は、人工知能(AI)を使って特許出願情報の中から脱炭素技術に関連する出願を高精度で探し出す手法を共同開発した。(2021/9/24)

    米Alif Semiconductor:
    AI対応IoT向けフュージョンプロセッサを発表
    米国のAlif Semiconductorは、これまでステルスモードで開発を進めていたスケーラブルなフュージョンプロセッサファミリーを発表した。MPUやMCU、人工知能(AI)および機械学習(ML)に加え、セルラー接続やセキュリティを単一デバイスに統合したもので、人工知能(AI)を用いたIoT(モノのインターネット)市場をターゲットとしている。(2021/9/27)

    自律型軍用機の開発も本格化:
    戦場に向かって少しずつ前進するAI
    人工知能(AI)に関する批判的な見解の中で、最も重大な懸念事項の1つとされるのが、戦場での自律性だ。(2021/9/28)

    人間とAIの紛争を加速させる?:
    「Tesla Bot」に対する米国の反応は
    ヒューマノイドロボット(人間型ロボット)の支持率は、人気のない米大統領とほぼ同じくらいだ。(2021/9/24)

    製造ITニュース:
    AIアシスタントWatsonに迅速な音声エージェント設定を実現する新機能など追加
    日本IBMは、「IBM Watson Assistant」に、AIやオートメーションの新機能を追加した。また、IntelePeerのCPaaS「Atmosphere Communications Platform」がWatson Assistantで利用可能になった。(2021/9/24)

    Dialog買収でアナログの土壌整う:
    「半導体は清々しい」、ルネサス柴田社長インタビュー
    2021年8月31日、英Dialog Semiconductorの買収を完了したルネサス エレクトロニクス。ルネサスの社長兼CEOである柴田英利氏に、Dialogが加わることへの期待と半導体ビジネスに対する思いを聞いた。(2021/9/24)

    FAニュース:
    インフラ設備やシステムを遠隔で管理、監視するIoTコントローラーを開発
    明電舎は、インフラ設備やシステムを遠隔から管理、監視できるIoTコントローラーを開発した。インフラ設備のセンシングデータの収集や解析制御などに対応し、リモート予兆診断などでインフラ設備管理の省力化を支援する。(2021/9/24)

    「AWS」を活用してメルボルン大学が開発
    「渋滞のない街」が現実に? 大学が生んだ“AI交通整理員”の正体
    メルボルン大学は交通状況をリアルタイム分析し、渋滞を予測するAIアプリケーションを開発した。交通が複雑化し、その管理の改善を喫緊の課題とする大都市。メルボルンはどのようにして渋滞の緩和を図るのか。(2021/9/24)

    「AIマップβ3.0」の展望:
    日本企業のAI導入が「検討」から進まない理由――「AIマップβ」のこれから
    人工知能学会では外部発信活動の一つとして「AIマップβ」を公開している。本記事ではAIマップβ3.0のリリースに向けた2020年度のAIマップタスクフォースの活動内容とAI技術の発展に関する課題、今後の展望を概観する。(2021/9/24)

    モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
    三菱電機の検査不正発覚が示す、工場スマート化の副次効果
    検査不正を見つけることを目標にするよりも、工場スマート化の副次効果としてこれまでのさまざまな問題を洗い出して改善する、という方が前向きな気がします。(2021/9/24)

    総投資額は16億ユーロ:
    インフィニオン、300mmウエハー新工場の操業開始
    Infineon Technologies(以下、Infineon)は、オーストリアのフィラッハに建設中だった300mmのウエハー対応の新工場の操業を開始。2021年9月17日(ドイツ時間)に開催したオープニング式典や記者会見で、その内容を説明した。(2021/9/22)

    製造マネジメントニュース:
    米国の虹彩認証技術ベンチマークテストで世界第1位を獲得
    NECは、NISTが実施する虹彩認証技術のベンチマークテストにおいて、世界第1位を獲得した。同社は顔認証技術においても1位を獲得しており、今後、両技術を生かしたマルチモーダル生体認証や、ウォークスルー型虹彩認証の展開を予定している。(2021/9/22)

    工場ニュース:
    インフィニオンが300mmパワー半導体新工場を稼働、熱や水素を循環させCO2削減
    ドイツのインフィニオン テクノロジーズは2021年9月17日、オーストリア フィラッハの敷地内に薄型の300mmウエハーを使用したパワーエレクトロニクス向けチップの最先端工場を正式にオープンしたと発表した。投資額は16億ユーロ(約2057億円)。(2021/9/22)

    知財ニュース:
    トヨタが10年連続1位、国内企業の脱炭素技術特許出願ランキング
    三菱電機は2021年9月21日、特許明細書から当該技術が脱炭素関連技術であるかをAIで判定する手法を、日本特許情報機構と共同開発したことを発表した。さらに同手法を用いて、脱炭素関連技術の特許出願企業ランキングを作成し、公開した。(2021/9/22)

    「X-PHY」はセキュリティの“とりで”に?
    「ThinkPad」に「AIでPCを守るSSD」搭載モデルが登場 発売前から大人気の必然
    FlexxonがLenovoと提携し、AI技術を使って攻撃に対処するSSDを開発した。LenovoのノートPC「ThinkPad」が搭載する。既に世界の企業から問い合わせが相次いでいるという。どのような企業が関心を寄せているのか。(2021/9/22)

    オンプレ、クラウドで増え続けるデータを一元管理:
    PR:6分かかった検索が1秒に――データの一元管理と素早い分析を実現するクラウドネイティブ時代のデータ分析基盤
    デジタル時代において「データ」は収益の源泉として欠かせない。ユーザーがどの段階でどのような行動を取ったかログを収集し、さまざまな角度から分析する。それをサービスや製品の改善につなげる。工場の生産ラインでセンサーデータを収集し、品質や生産性の向上に役立てることもできる。データという宝の山を生かさない手はない。ではどのような方法で、データ活用を実現できるのだろうか。(2021/9/22)

    在宅オペレーターのメンタルケアを感情解析・発話分析AIで
    “顔が見えない在宅オペレーター”の困りごとをいち早く察知する方法は?
    コンタクトセンターの管理者は常に効率化と生産性向上を問われ、オペレーターの離職率と教育の問題に頭を悩ませている。オペレーターに掛かる“感情労働”の負荷を軽減する秘策とは。(2021/9/29)

    製造IT導入事例:
    変電機器のIoT化で特高変電所をリモート監視する実証実験を開始
    明電舎は、変電所を構成する変電機器のIoT化によって、特高変電所全体をリモート監視する実証実験を開始した。IoTやAIなどを導入することで、産業保安の安全性や効率性を高める「スマート保安」への対応を強化する。(2021/9/21)

    ロボットイベントレポート:
    コロナ禍がサービスロボットの追い風に!?「関西ロボットワールド2021」レポート
    サービスロボットや産業用ロボットの開発・導入を促進する専門技術展「関西ロボットワールド2021」がインテックス大阪で開催された。コロナ禍により出展社数も来場者数も従来に比べて少なかったものの、複数のブースで「コロナ禍が、サービスロボットの追い風になっている側面もある」という声があった。(2021/9/21)

    FAニュース:
    AIを活用し、ロボットが不定形物を高速で安定してピッキングするシステム
    グローリーは、ロボット事業の新サービス「不定形物認識技術システム」を拡充する。AIを活用した独自の認識技術により、重なり合った製品や不定形物に対して高速で安定感のあるピッキングを行う。(2021/9/21)

    サプライチェーン改革:
    機械学習で新商品にも対応したサプライチェーン需要予測ソリューション
    PwCコンサルティングは2021年9月16日、サプライチェーンの計画業務向け需要予測ソリューション「Multidimensional Demand Forecasting」の利用開始を発表した。従来手法では困難だった新商品やリニューアル品などの需要予測を、機械学習アルゴリズムで可能にする。(2021/9/21)

    特集:「惰性をやめる、慣習を疑う」こんどこそ楽になる運用管理(5):
    「クラウドネイティブは正義だ」は本当か? ログが追いづらくなった運用者に寄り添うKubernetes活用のポイント
    これからの時代、クラウドネイティブは正義だ――そう信じて移行を推進するとき、ぜひ周囲を見渡してほしい。環境の変化に戸惑い、生産性が低下している人たちがいるかもしれない。運用管理者に光を当てるオンラインイベント「Cloud Operator Days Tokyo 2021」のNTTコミュニケーションズの講演では、そんな戸惑う人たちに寄り添い、運用しやすい環境作りの工夫が紹介された。(2021/9/24)

    戦略的リーダーが取り組む「タレントアクイジション」【後編】
    「タレントアクイジション」をスムーズに進めるための7つのヒント
    長期的な視野で人材獲得経路を構築する「タレントアクイジション」は、人事戦略において重要な要素になる可能性がある。スムーズに進めるためのヒントを紹介する。(2021/9/21)

    研究活動にAWSを活用する医療機関【後編】
    小児科病院が明かす「AWS」導入成功の秘訣 IT、事業部門のギャップを埋める
    医療機関はクラウドサービスへのシステム移行を成功させるために何をすればよいのか。AWSでシステムを構築した小児科病院Ann & Robert H. Lurie Children's Hospital of ChicagoのCIOの話を基に説明する。(2021/9/21)

    新しいオフィスと働き方を探る【後編】
    “企業版TikTok”、AI、ホワイトボードアプリ――「ハイブリッドワーク」を洗練させる3大トレンド
    今後、テレワークとオフィスワークの従業員が入り交じる働き方が当たり前になると、コミュニケーションの姿が大きく変わる可能性がある。こうした中で新しいトレンドとして注目すべき3つの技術分野とは。(2021/9/20)

    製造現場向けAI技術:
    非物体抽出にも対応した東芝の質問応答AIが「世界最高精度」を達成
    東芝は2021年9月13日、画像内の対象物に関する質問に答えるAI(人工知能)技術「Visual Question Answering(VQA)」について、画像内の物体だけでなく非物体に関する回答も可能にしたことを発表した。(2021/9/17)

    FAメルマガ 編集後記:
    パラリンピックに見るモノづくりが目指すべき姿
    なぜマスカスタマイゼーションが必要なのか、の答えがあったと感じました。(2021/9/17)


    サービス終了のお知らせ

    この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

    にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。