• <samp id="egaec"></samp>
  • <menu id="egaec"></menu>
  • <blockquote id="egaec"><u id="egaec"></u></blockquote>
  • ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

    「不正アクセス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

    「不正アクセス」に関する情報が集まったページです。

    関連キーワード

    スマホゲー「イケメン戦国」に不正アクセスか 障害発生からすでに1週間経過 復旧のめど立たず
    女性向け恋愛ゲーム「イケメンシリーズ」を展開するサイバードは、スマートフォン向けゲーム「イケメン戦国」(iOS、Androidなど)が不正アクセスを受けた可能性があると発表した。同ゲームは、全プラットフォームで1週間以上アクセス障害が発生している。(2022/4/15)

    映画「ドラゴンボール超」制作再開、6月公開へ 東映アニメーションへの不正アクセスから1カ月超
    東映アニメーションは14日、第三者による不正アクセスにより遅延していた映画「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」の制作を再開したと明らかにした。(2022/4/15)

    エディオングループに不正アクセス 約8万件のデータが消される 流出の可能性も
    エディオングループが運用するサーバが不正アクセスを受け、8万件近いデータが削除された。データが流出した可能性もあるとして原因の調査を行う。(2022/4/11)

    月桂冠が不正アクセス被害を報告 子会社のキンレイもシステム障害が発生
    月桂冠が第三者による不正アクセスを受けたと伝えた。2022年4月2日に不正アクセスを確認し、同年4月3日に拡大防止のためにサーバ停止や外部とのネットワーク遮断を実施したと説明している。(2022/4/7)

    「ONE PIECE」「プリキュア」など、不正アクセスの影響で延期していた新作エピソードの放送再開
    東映アニメーションへの不正アクセスの影響で、3月から新作が放送されていませんでした。(2022/4/6)

    月桂冠に不正アクセス 受発注・出荷システムに障害 販売に影響も
    月桂冠が運用するサーバが、第三者からの不正アクセスを受けた。攻撃経路や影響範囲については専門家とともに調査中という。(2022/4/6)

    プリキュア、ONE PIECE、ダイの大冒険、デジモン 最新話放送を再開へ 東映不正アクセスから約1カ月
    「デリシャスパーティプリキュア」「デジモンゴーストゲーム」「ONE PIECE」「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」など、東映アニメーションが不正アクセス被害を受けた影響で最新話の放送を延期していたアニメが約1カ月ぶりに最新話放送を再開する。(2022/4/6)

    半径300メートルのIT:
    これからのサイバー攻撃は小規模企業も標的に? 変わるための第一歩を紹介
    小島プレス工業が不正アクセス被害に関する調査報告書を公開しました。本稿は、報告書を読み解きつつ、サプライチェーン攻撃に備えて企業がまずやるべきことを明らかにします。(2022/4/5)

    ラクスル、9000件超の注文情報漏えい パートナー企業への不正アクセスで
    提携先の企業が不正アクセスを受け、ラクスルの注文情報が漏えいした可能性があった件について、583件の情報が実際に流出したことが分かった。3月29日に発表した8705件と合わせて、計9288件が実際に漏えいしたことになる。(2022/3/30)

    森永製菓、EC利用者164万人の情報流出疑い カード情報含まず 不正アクセス被害で
    森永製菓は、同社管理のサーバに不正アクセスを受けたことで、ECサイト「森永ダイレクトストア」の利用者の個人情報が流出した可能性があると発表した。対象者は、2018年5月1日〜2022年3月13日の間に同サイトを利用したユーザー164万8922人としている。(2022/3/22)

    映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』が公開延期 東アニへの不正アクセスが影響
    東映アニメーションは3月18日、同社ネットワークへの不正アクセスによるシステム障害発生に伴い、4月22日に公開を予定していた映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』の公開を延期すると発表した。(2022/3/18)

    映画「ドラゴンボール」が公開延期に 東映アニメへの不正アクセスが映画作品にも影響
    東映は、4月22日から全国公開を予定していた映画「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」の公開日を延期する。同映画の製作会社である東映アニメーションが6日に受けた不正アクセスの影響により、作品製作が困難な事態になったという。新しい公開日は未定。(2022/3/18)

    【追記あり】「ドラゴンボール」新作映画が公開延期 東映アニメへの不正アクセスの影響
    不正アクセスにより作品製作が困難な事態としています。(2022/3/18)

    森永製菓に不正アクセス 日本企業を狙った攻撃相次ぐ
    森永製菓は同社が管理する複数のサーバーに、第三者から不正アクセスを受けたことを確認したと発表した。(2022/3/18)

    森永製菓に不正アクセス 被害状況と原因は調査中
    森永製菓が運用するサーバが第三者による不正アクセスを受けた。被害拡大防止のため外部とのネットワークを遮断したが、一部の社内システムで障害が発生。復旧と原因究明に向けて対応しているという。(2022/3/18)

    「ダイの大冒険」も最新話延期で再放送 不正アクセスが東映アニメ4作品に影響
    アニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」の製作委員会は3月17日、19日以降に予定していた放送内容を変更すると発表した。3月19日と26日、4月2日の放送には、過去話の再放送を行う。9日以降の放送内容は未定で、決まり次第発表するという。(2022/3/17)

    「ワンピース」と「デジモン」も新作が延期に、当面は再放送 再開時期は未定 東映アニメへの不正アクセスで
    東映アニメーションはアニメ「ONE PIECE」と「デジモンゴーストゲーム」の最新話の放送を当面、延期する。20日からの放送はそれぞれ、過去話の再放送を行う予定。最新話の放送再開日は未定で、決まり次第発表するという。(2022/3/15)

    「プリキュア」新作放送を約1カ月延期 東映アニメーションへの不正アクセスで
    ABCテレビは13日、東映アニメーションが受けた不正アクセスの影響により「デリシャスパーティプリキュア」6話の放送が4月10日以降になると明らかにした。丸1カ月、新作を放送できないことになる。(2022/3/14)

    最新話の放送延期の作品も:
    東映アニメに不正アクセス TVアニメ『ONE PIECE』などの放映日程に影響
    東映アニメーションが社内ネットワークに外部からの不正アクセスを確認したと発表した。同社が手掛ける『ONE PIECE』など一部のテレビアニメ作品の放映日程に影響がある可能性があるという。同社は「詳細は現在調査中」としている。(2022/3/11)

    東映アニメ、不正アクセスで「ワンピース」などの放送に影響 「ダイの大冒険」は放送延期に
    東映アニメーションは、6日に受けた第三者による不正アクセスが原因で「ONE PIECE」や「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」「デリシャスパーティプリキュア」「デジモンゴーストゲーム」の放送スケジュールに影響が生じると発表した。(2022/3/11)

    「ONE PIECE」「ダイの大冒険」「プリキュア」、東映アニメの不正アクセスで放送スケジュールに影響
    日曜朝のアニメが……!(2022/3/11)

    東映アニメが不正アクセス被害に 詳細は調査中
    東映アニメーションのネットワークが外部から不正アクセスを受けた。被害状況や攻撃内容は外部の専門機関と調査中。(2022/3/8)

    「クレカ情報が漏えい」とする詐欺に注意 メタップス不正アクセス問題に便乗
    メタップスペイメントの不正アクセス問題に便乗し、カード情報を盗もうとする詐欺メールやSMSが出回っているとして、ローソン銀行が注意喚起した。(2022/3/3)

    セキュリティコードは「短期間保持していた」 メタップス不正アクセス問題の経緯を同社に聞く
    メタップスペイメントで、データの保存が認められていないセキュリティコードを含むカード情報が流出した可能性がある。保存してはいけないはずのデータがなぜ流出したのか、メタップスペイメントに聞いた。(2022/3/2)

    工場ニュース:
    自動車部品メーカーにランサムウェアによる不正アクセス、情報流出などの被害はなし
    自動車部品メーカーのGMBは2022年3月1日、ランサムウェアとみられる不正なアクセスを受けたと発表した。(2022/3/2)

    ゲーマー向け家具「バウヒュッテ」提供元に不正アクセス SQLインジェクションでメールアドレス2万件超漏えいか
    ゲーマー向け家具ブランド「バウヒュッテ」などを運営するビーズが、公式サイトに不正アクセスを受けたと発表。データベースを不正操作する「SQLインジェクション」を受け、顧客や取引先のメールアドレス計2万件以上が漏えいした可能性があるという。(2022/3/1)

    日本生命でも最大約1.5万件のカード情報流出か メタップス不正アクセス問題の影響で
    メタップスペイメントの不正アクセス問題に関連して、日本生命保険が、最大で約1万5000人分のクレジットカード情報が流出した可能性があると発表した。(2022/2/28)

    クレカ情報流出の恐れで謝罪企業続々 AKB、公共施設、赤十字、チケットサイトなど メタップス不正アクセス問題
    メタップスペイメントが不正アクセスを受け、カード情報最大46万件が流出した可能性のある問題に関連して、AKB48グループや公共施設、日本赤十字社、チケットサイトなどが、「情報流出の可能性がある」としてユーザーに対して謝罪した。(2022/2/28)

    日本赤十字社でクレカ情報最大約5000件流出の可能性 メタップス不正アクセスに巻き込まれ
    日本赤十字社は、寄付の決済で利用されたクレジットカードの情報が最大で5283件流出した可能性があると発表した。クレジットカード基盤を提供するメタップスペイメントへのサイバー攻撃が原因。(2022/2/28)

    メタップス、不正アクセスやられ放題 最大46万件のカード番号やセキュリティコード流出か バックドアやSQLインジェクションの痕跡見つかる
    メタップスペイメントのデータベースから最大で46万件のクレジットカード番号、有効期限、セキュリティコードなどが流出したことが分かった。サーバへの不正ログイン、SQLインジェクション、バックドアの設置などさまざまな攻撃を受けていたという。(2022/2/28)

    人気コスメ「THREE」「アンプリチュード」に不正アクセス クレカ情報、最大10万件流出の可能性
    ACROは24日、化粧品ブランド「THREE」と「Amplitude」(アンプリチュード)の公式オンラインショップが第三者による不正アクセスを受け、合わせて10万3935件のクレジットカード情報が漏えいした可能性があると発表した。(2022/2/24)

    利用者が最も多い開発言語は「Java」:
    開発者が怖いのは「スマホへの不正アクセス」 ラックがスマホアプリのセキュリティ対策に関する調査結果発表
    ラックは、スマートフォン向けアプリケーションの開発者を対象に、開発環境やセキュリティ対策の実施状況などに関する調査を実施した。ほとんどの開発者が開発を始めるタイミングでセキュリティ対策を検討しているが、一方で「セキュリティ対策に自信がない」と懸念を感じている人もいた。(2022/2/21)

    Instagramアカに「ウクライナから不正アクセス」急増中 目的などは不明
    Instagramアカウントにウクライナから不正アクセスがあったとする報告が増えている。1月中旬までは1週間に数件以下だった報告が、2月初頭には週に100件以上にまで増加。ウクライナ情勢との関連は不明だが、対策の徹底とアカウントの確認が重要だ。(2022/2/14)

    日能研に不正アクセス、メールアドレス28万件流出か SQLインジェクション攻撃で
    日能研のWebサーバが不正アクセスを受け、最大約28万件のメールアドレスが流出した可能性がある。SQLインジェクションによる攻撃だったという。(2022/1/31)

    「続けたくなるテレワーク環境」の作り方【第3回】
    いまさら聞けない、テレワーク用デバイスに「最低限やるべき」5つのセキュリティ対策
    やむを得ない事情でテレワークを実施している企業でも、IT資産を守るために「これだけは実施すべき」という、5つのセキュリティ対策とは。不正アクセスの入り口となるデバイスの管理方法に焦点を当て、解説する。(2022/1/25)

    クレカ基盤への不正アクセス問題 自治体EC・映画予約サイトなど、安全のため決済機能停止
    メタップスペイメントのクレジットカード決済基盤が不正アクセスを受けた問題で、複数のサービスがクレジットカード決済機能を停止する事態になっている。情報漏えいの有無は現在調査中。(2022/1/26)

    クレカ決済システムに不正アクセス受けサービス停止 メタップス「原因や流出内容は調査中」
    メタップスペイメントが、クレジットカード決済システムのデータベースに不正アクセスがあり、情報が流出した可能性があると発表。安全のためトークン方式のサービスを停止した。(2022/1/25)

    Cloud Nativeチートシート(12):
    不正アクセス、盗聴を防ぐ――マイクロサービスのセキュリティを向上させる4つのIstio機能
    Kubernetesやクラウドネイティブをより便利に利用する技術やツールの概要、使い方を凝縮して紹介する連載。今回は、Istioのセキュリティ機能に焦点を当て、通信の暗号化、認証/認可の機能を紹介する。(2022/1/21)

    パナ不正アクセス、被害サーバに採用応募者の個人情報や取引先の情報などを保存していたと判明
    パナソニックが受けたファイルサーバへの不正アクセス事案について、攻撃を受けたサーバに、採用応募者の個人情報や取引先から得た業務上の情報が保存されていたことが分かった。情報の流出については「確証を得る事実は見つかっていない」としている。(2022/1/7)

    防衛省、安全保障に関するデータ59件の流出を確認 19年6月の三菱電機の不正アクセスで
    2020年1月に発生した三菱電機への不正アクセスで流出した可能性のある防衛関連の情報の中に、安全保障への影響を及ぼすおそれのあるデータが59件あった。防衛省はそれぞれに適切な措置を講じたという。(2021/12/24)

    スイーツパラダイス、通販サイトでの不正アクセスの可能性報告 SNSでは利用者がクレカ不正利用を報告
    12月6日ごろから、複数のスイパラ通販利用者が「クレジットカードを不正利用された」とSNSで報告していました。(2021/12/24)

    10大セキュリティ事件2021 2位は東京五輪へのサイバー攻撃、1位は?
    マカフィーが「2021年の10大セキュリティ事件」を発表。1位には、加盟店の名称など2000万件以上の情報が流出した可能性がある、電子決済サービス企業が利用するクラウドサービスへの不正アクセスがランクインした。(2021/12/14)

    東証一部の医薬品メーカーに不正アクセス 株主の個人情報など延べ22万件が流出か
    東証一部の医薬品メーカーであるリニカルは、複数拠点のサーバが不正アクセスを受け、個人株主や採用応募者などを含む、最大で延べ22万件の個人情報が流出した可能性があると発表。(2021/12/6)

    暗号資産取引所BitMart、サイバー攻撃で約2億ドル相当流出
    暗号資産取引所BitMartのホットウォレットに不正アクセスがあり、約2億ドル相当が流出した。CEOは影響を受けた顧客には企業資金で補償するとツイート。現在取引所は閉鎖しているが7日には再開する見通しだ。(2021/12/6)

    「エヴァ」公式ECでクレカ情報流出か セキュリティコード含む1万7828件
    アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズなどの著作権管理を行うグラウンドワークス:は、ECサイト「EVANGELION STORE(オンライン)」が第三者の不正アクセスにより、顧客のクレジットカード情報1万7828件が漏えいした可能性があると発表。(2021/12/1)

    「EVANGELION STORE」で不正アクセス クレジットカード情報1万7828件に流出の可能性
    クレカ情報1万7828件に流出の可能性。(2021/11/30)

    パナソニックに不正アクセス、ファイルサーバの一部データが読み出される
    パナソニックは、同社のネットワークが第三者による不正アクセスを受けたと発表した。ファイルサーバの一部データが不正に読み出されたとしている。(2021/11/26)

    PayPal残高がなくなった? システム不具合で口座に誤出金 「不正アクセスではない」
    PayPalのシステムに不具合が発生し、一部のアカウントで誤ってPayPal残高から指定の銀行口座への引き出し処理が実行された。不正アクセスによるものではないとしている。(2021/11/24)

    この頃、セキュリティ界隈で:
    不正侵入からスパイ活動まで、闇社会で台頭する「雇われハッカー」ビジネス
    闇社会で、さまざまなサイバー攻撃を請け負う「雇われハッカー」ビジネスが台頭している。Void Balaurという組織では、電子メールやSNSアカウントのハッキングサービスを展開しており、被害に遭った組織や個人は世界で3500を超す。(2021/11/17)

    理研が不正アクセス被害、1万4000件の個人情報が流出か 指摘済みの脆弱性を悪用される
    理化学研究所は、職員の研修などに利用している学習管理システムが不正アクセスされ、1万4000件の個人情報が流出した可能性があると発表した。(2021/11/5)


    サービス終了のお知らせ

    この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

    にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。