• <samp id="egaec"></samp>
  • <menu id="egaec"></menu>
  • <blockquote id="egaec"><u id="egaec"></u></blockquote>
  • ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

    • 関連の記事

    「再生可能エネルギー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

    Google、検索やマップにSDGs(持続可能な開発目標)な新機能
    Googleは、ユーザーの持続可能な選択をより簡単にするための複数の新機能を発表した。「気候変動」の検索結果に高品質な情報を表示したり、マップで燃料効率のいいルートを提案したりする。(2021/10/7)

    省エネ:
    清水建設が保有賃貸物件に再エネ電力を導入、CO2排出量を削減
    清水建設は、グループ環境ビジョン「SHIMZ Beyond Zero 2050」に掲げたCO2排出量削減方針に基づき、不動産事業部門が保有する賃貸物件に、再生可能エネルギー由来の電力を順次導入する。CO2排出量を削減し、主要な賃貸オフィス・物流施設を対象に、2030年度までに再エネ電力の導入率100%を達成する計画だ。(2021/10/6)

    自動運転技術:
    「幸せの量産」に向けて、自動運転からウーブンシティーに広がるトヨタの試み
    2021年9月8〜10日にオンラインで開催されたイベント「オートモーティブワールド」で、トヨタ自動車 先進技術開発カンパニー プレジデントの奥地弘章氏が「モビリティカンパニーへの変革」をテーマに講演した。(2021/10/5)

    太陽光:
    非FIT再エネ電源と需要家をつなぐ、国内初の「CPPAオークション」を開催
    法人向けの電力オークション事業を展開しているホールエナジーが、再生可能エネルギーの電力を求める需要家と発電事業者をマッチングする、「コーポレートPPAオークション」を実施すると発表。再エネ発電事業者のafterFIT(東京都港区)と業務提携し、2021年内に第1回のオークションを開催する計画だ。(2021/10/5)

    産業動向:
    大成建設が「カーボンリサイクルCO2地熱発電技術」の開発に着手
    大成建設は、地熱技術開発と共同で、地熱によって高温状態となった地層中にCO2を圧入し、熱媒体として循環させることで地熱資源を採熱する「カーボンリサイクルCO2地熱発電技術」の開発に着手する。(2021/10/5)

    電気自動車:
    日産が中国でe-POWERを初導入、2025年までにシルフィ含め6車種で搭載
    日産自動車は2021年9月29日、中国(天津)国際自動車展示会において、中国向けのハイブリッド車(HEV)「e-POWERシルフィ」を公開した。(2021/9/30)

    住友不、省エネ性能標準化 新築マンションを「ZEH」に
    今後設計する全ての分譲マンションについて、エネルギー消費を抑制する住宅「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH、ゼッチ)」にすると発表した。(2021/9/29)

    太陽光:
    キリンビールが全工場に太陽光発電導入へ、足元の再エネ使用率は30%台に
    キリンビールが新たに3つの自社工場に太陽光発電を導入。キリンビール全体の使用電力の再生可能エネルギー比率を現状の約28%から約30%に高める。(2021/9/29)

    プロジェクト:
    広島市西区で延べ1.3万平方メートルの物流施設が着工、大和物流
    大和物流は、2022年12月末の竣工に向け、広島市西区で物流施設「(仮称)広島観音物流センター」の開発を進めている。(2021/9/29)

    東芝ビル建替:
    浜松町に地上45階の「ツインタワー」着工、竣工予定は2030年度
    野村不動産と野村不動産ビルディング、東日本旅客鉄道(JR東日本)は9月28日、浜松町ビルディング(東芝ビルディング)の建替事業「芝浦一丁目プロジェクト」の起工式を実施した。10月1日に着工する。(2021/9/28)

    NTTドコモが小売電力サービスに参入 2022年3月から「ドコモでんき」を提供へ
    NTTドコモが、カーボンニュートラルに重きを置く形で小売電気サービスに参入する。ただし、サービスの詳細は後日発表するという。(2021/9/28)

    旭化成、海外強化へ基盤固め着々 中国で蓄電池部材合弁
    旭化成が海外展開を加速させている。売上高に占める海外の比率は令和3年4〜6月期に四半期ベースで初めて5割を超えた。(2021/9/28)

    自然エネルギー:
    日本初の“再エネ100%”の分譲マンション登場、東急らが武蔵小杉に
    東急と伊藤忠都市開発が、実質再生可能エネルギー100%の電力を利用する分譲タワーマンションを建設すると発表。分譲タワーマンションにおける実質再生可能エネルギー100%利用は、日本初だという。(2021/9/28)

    太陽光:
    第一生命が専用の太陽光発電から電力調達、国内22カ所に発電所を新設
    第一生命がコーポレートPPAのスキームを活用し、新設する太陽光発電から電力調達。同社は2023年度までに保有不動産における使用電力を100%再生可能エネルギー由来にする目標を掲げている。(2021/9/27)

    産業動向:
    清水建設が12カ所の工事現場でグリーン電力を導入し、2020年度に1500トンのCO2削減
    清水建設は、全国に点在する12カ所の工事現場でグリーン電力を導入し、2020年度に約1500トンのCO2削減を実現した。今後は、2021年中にグリーン電力の導入現場を2現場増やし、CO2排出量のカットをさらに推進する。(2021/9/27)

    産業動向:
    新たに着工する全工事で100%再生可能エネルギー由来の電力を使用、東急建設
    東急建設は、2021年4月以降に着工する全ての工事で、100%再生可能エネルギー由来の電力を使用することを公表した。(2021/9/28)

    総投資額は16億ユーロ:
    インフィニオン、300mmウエハー新工場の操業開始
    Infineon Technologies(以下、Infineon)は、オーストリアのフィラッハに建設中だった300mmのウエハー対応の新工場の操業を開始。2021年9月17日(ドイツ時間)に開催したオープニング式典や記者会見で、その内容を説明した。(2021/9/22)

    太陽光:
    酒造りに太陽光発電を活用、白鶴酒造が自社工場に自家消費システム
    酒造メーカーの白鶴酒造が、自社の生産工場に太陽光発電システムを導入。発電した電力は酒造設備の動力源として自家消費する計画だ。(2021/9/22)

    産業動向:
    パナソニック エコシステムズ、中国・順徳でIAQ機器新工場
    パナソニック エコシステムズが、中国の広東省佛山市順徳区に熱交換気システム、空気清浄機などIAQ機器の新工場「順徳第一分工場」を建設。グローバル生産拠点として、熱交換気システムを2021年度12万台、2023年度には20万台の生産を目指す。(2021/9/22)

    PR:再エネ普及と脱炭素に貢献する「VPP(仮想発電所)」、企業が参加するメリットや意義とは?
    脱炭素社会の実現に向けて、分散電源を統合管理する「VPP(バーチャルパワープラント、仮想発電所)」への期待が高まっている。需要家である企業の目線で考えたとき、VPPへの参加にはどのようなメリットや意義があるのか。需給調整市場の創設に伴い、企業により身近になったVPPについて、VPP事業に詳しい東京電力エナジーパートナーに聞いた。(2021/9/27)

    池田直渡「週刊モータージャーナル」:
    化石燃料から作る水素は意外にバカにできない
    新エネルギーに求められるのは、やはり環境負荷だ。しかし、そうやって理想の形を求めていくと、それ以外のアプローチが存在し得る話が徐々に見えてきた。それが意外や意外、褐炭ベースの水素というソリューションだったのである。(2021/9/20)

    太陽光:
    注目集まる太陽光発電所のM&A、東京海上がリスク評価と補償を行う新保険
    東京海上日動が太陽光発電事業の売買(M&A)のリスクを保証する保険商品を発表。買収対象発電所の事前の各種リスク評価から、M&A実行後の「表明保証違反リスク」への補償をワンストップで提供する。(2021/9/17)

    電力供給サービス:
    実物大ガンダムが再エネ100%で“動く”、みんな電力が「ハマウィング」から電力供給
    みんな電力が「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」に、横浜市風力発電所で発電する電力を供給。「動くガンダム」などが話題の同施設の電力を、100%再生可能エネルギー由来に切り替える。(2021/9/15)

    太陽光:
    AGCの太陽光発電が可能な「窓ガラス」、シンガポール工科大に採用
    AGCの太陽光発電ガラスが、シンガポール工科大学のブンゴル新キャンパスに採用。2024年の完成を予定している。(2021/9/14)

    ソーラーシェアリング入門(50):
    単年の許可数は過去最高に、農水省の最新統計で見る「ソーラーシェアリング」導入状況
    ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)について解説する本連載。今回は農林水産省が発表した、ソーラーシェアリングに関する最新の統計情報の内容を解説します。(2021/9/13)

    太陽光発電導入、世界で加速 米は35年に4割 日本では用地不足も
    温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの一角である太陽光発電の大量導入に向けた世界的な動きが強まっている。(2021/9/10)

    組み込み開発ニュース:
    東芝がフィルム型ペロブスカイト太陽電池で世界最高効率、新開発の成膜法で実現
    東芝は、同社が開発を進めているフィルム型ペロブスカイト太陽電池について、新たな成膜法を開発することにより「世界最高」(同社)のエネルギー変換効率となる15.1%を実現した。2018年6月に実現した「世界最大」サイズとなる703cm2を維持しながら成膜プロセスの高速化と変換効率の向上に成功したという。(2021/9/10)

    650VのGaN HEMTを開発:
    インフィニオン、パナと第2世代GaNパワー半導体を共同開発へ
    Infineon Technologies(以下、Infineon)とパナソニックは2021年9月2日(ドイツ時間)、窒化ガリウム(GaN)パワー半導体の第2世代(Gen2)を共同開発/製造する契約を締結したと発表した。Gen2は650VのGaN HEMTとして開発。2023年前半に市場投入予定だ。(2021/9/9)

    電力供給サービス:
    三菱商事がAmazonに日本で再エネ供給、非FIT太陽光発電を450カ所新設へ
    三菱商事が子会社のMCリテールエナジーを通じてAmazonと日本国内における再生可能エネルギー購入契約を結んだと発表した。日本国内に建設する450カ所の太陽光発電所の電力をAmazonに供給する。(2021/9/9)

    オランダ式スマート農業で地方に雇用を 3.11被災企業の挑戦
    東日本大震災に起因する地盤沈下や塩害に追い詰められた宮城県の農家が、オランダの園芸を手本にしたスマート農業で再び生産性を向上させている。収量や経営の現状をキーパーソンに聞く。(2021/9/9)

    太陽光:
    太陽光発電の廃棄や賠償リスクを補償、東京海上が新保険
    東京海上日動が太陽光発電事業者向けの新たな保険商品を発表。太陽光発電設備の廃棄費用や賠償リスクを補償する商品で、同年12月から販売する。(2021/9/8)

    【新連載】走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
    iPhoneにタイヤをつけたような「Tesla Model 3」を買ってしまった “人生最後のクルマ”になぜ選んだか
    クルマでありながらデジタルガジェットとしての評価も高い、Tesla車を手に入れた山崎潤一郎さんによる新連載です。(2021/9/8)

    組み込み開発ニュース:
    電池なしで走るプラレール、新開発のテコロチャージシステムで実現
    タカラトミーは、鉄道玩具「プラレール」シリーズの新商品として、電池なしで電動走行する「電池いらずで出発進行!テコロでチャージ(以下、テコロでチャージ)」シリーズを、同年10月21日に発売すると発表した。62年の歴史を持つプラレールシリーズにおいて、電池なしで走行する車両は初めてだ。(2021/9/7)

    電気自動車:
    使用済みモーターからのレアアース回収時間を半減、日産と早稲田大学
    日産自動車と早稲田大学は2021年9月3日、電動車のモーター用磁石からレアアース化合物を効率的に回収するリサイクル技術を開発したと発表した。従来は手作業でモーターを分解して磁石を取り出すため、まとまった個数の処理には時間がかかっていた。開発技術では、作業時間を50%削減できる。(2021/9/6)

    「はやぶさ」と「こまち」:
    タカラトミー、電池を使わず走行する「プラレール」 62年の歴史で初
    タカラトミーは9月3日、プラレールシリーズの新商品として、電池なしで電動走行するプラレール「電池いらずで出発進行!テコロでチャージ」シリーズを発表した。(2021/9/5)

    「クラウド移行だけCO2排出量を8割カット可能」オンプレサーバ天国・日本の脱炭素の切り札になるか
    企業全体が脱炭素に向けた活動を求められる中、オンプレサーバが多い日本企業はクラウド移行を進めればCO2削減が可能だとするレポートが発表された。(2021/9/3)

    連載「問われる“日本版VPP”の在り方」(2):
    鍵は地域新電力のビジネスモデル再構築――地域の脱炭素化へ「地産地消型VPP」を成功させるには?
    再エネ普及や脱炭素化につながる事業モデルとして期待される「バーチャルパワープラント(VPP、仮想発電所)」。中でも地域の脱炭素化に向け、“日本版VPP”の一つとして注目されるのが「地産地消型VPP事業」だ。同事業を解説する本連載、第2回の今回は、地産地消型VPPの現状と課題について整理する。(2021/9/1)

    KDDIの電気サービスが300万契約を突破 抽選でPontaポイントが当たるキャンペーンも
    KDDIの電気サービス「auでんき」「UQでんき」などの契約件数が8月に300万件を突破。これを記念し、9月6日〜11月30日に3万4200人に抽選でPontaポイントが当たるキャンペーンを行う。(2021/8/30)

    連載「問われる“日本版VPP”の在り方」(1):
    脱炭素化の切り札として注目の「仮想発電所(VPP)」――そのビジネスモデルを整理する
    再エネ普及や脱炭素化につながる事業モデルとして期待される「バーチャルパワープラント(VPP、仮想発電所)」。中でも地域の脱炭素化に向け、“日本版VPP”の一つとして注目されるのが「地産地消型VPP事業」だ。本連載では「地産地消型VPP事業」について現状の課題とその未来像を解説。今回はまずVPPのグローバルにおける動向と、日本におけるVPPビジネスの現状を整理する。(2021/8/26)

    自然エネルギー:
    熱水を使わない革新的な「CO2地熱発電」、大成建設らが技術開発へ
    大成建設が、CO2を活用する熱水資源に頼らない新たな地熱発電技術の開発に着手すると発表。熱水のかわりにCO2を圧入して熱回収を行う新技術で、地熱発電の普及課題を解決できる可能性があるという。(2021/8/25)

    DXやグリーンエネルギーなど:
    パンデミックの教訓をイノベーションに、台湾科学大臣インタビュー
    米国EE Timesが、台湾の科学大臣Tsung-Tsong Wu氏にインタビュー。Wu氏は、デジタルトランスフォーメーションやエネルギーといった技術の重要な側面を強調した他、複数の台湾系スタートアップ企業が最近主催した「VivaTech 2021 Virtual Conference」の最新情報を提供してくれた。(2021/8/25)

    電力供給サービス:
    マンション一棟全戸の電力を「再エネ化」、中央電力が5棟限定で募集
    中央電力はが、同社のマンション一括受電サービスを契約中のマンションを対象に、マンションの全電力を実質的に再生可能エネルギー由来の電力に切り替える「RE100対応・再エネマンションプロジェクト」を開始すると発表した。希望するマンション管理組合を5棟限定で募集する。(2021/8/23)

    いまさら聞けない自動車業界用語(16):
    CO2排出削減だけじゃない、環境のためにやるべきこと
    今回は近年、非常に注目されていて、自動車関連企業の各社が積極的に取り組んでいる「環境」について説明します。(2021/8/23)

    ものづくり白書2021を読み解く(2):
    製造業がポストコロナで勝ち残るために最低限必要となる3つの視点
    日本のモノづくりの現状を示す「2021年版ものづくり白書」が2021年5月に公開された。本連載では3回にわたって「2021年版ものづくり白書」の内容を掘り下げる。第2回では「製造業のニューノーマル」の主軸として紹介されている「レジリエンス」「グリーン」「デジタル」という3つの視点について掘り下げる。(2021/8/23)

    【「脱炭素」は嘘だらけ】強制労働を助長し“本末転倒” 太陽光パネルの心臓「結晶シリコン」はウイグル産が45%
     小泉進次郎環境相は太陽光発電にご執心で、「脱炭素」のために大量に導入するという。だが、太陽光発電はろくなことがない。(2021/8/20)

    蓄電・発電機器:
    容量6000kWhのテスラ製蓄電池を導入、北海道に新たな需給調整施設を建設
    グローバルエンジニアリングが電力系統の需給調整事業に参入すると発表。北海道千歳市に日本初をうたう「系統用蓄電池発電所」を建設し、再生可能エネルギー電源と一体運用するバランシンググループ(BG)を構築することで電力系統の安定化に寄与する需給調整業務の受託を目指す。(2021/8/20)

    三菱重工「仮想発電所」とは? AIで製造業のCO2削減にどう貢献するのか
    三菱重工がCO2排出量削減を狙った製造業向けの電力需給調整システムを開発した。設備の詳細データを基に「仮想発電所」を構築し、AI制御で拠点をまたぐ制御を実現し、エナジーサプライチェーンの最適化を目指すという。(2021/8/24)

    プロジェクト:
    「ZEB Ready」認証取得のオフィスビルが港区で着工、三井不動産
    三井不動産は、2022年10月の竣工に向け、東京都港区芝五丁目で、オフィスビル「田町M-SQUARE Garden」の開発に着手した。田町M-SQUARE Gardenは、三井不動産のオフィスビルとしては初となる「ZEB Ready」認証を取得する予定だ。(2021/8/20)

    太陽光:
    物流施設の屋根上メガソーラーで自家消費、余剰電力は電力小売に活用
    センコーが大型物流拠点「岐阜羽島PDセンター」に、第三者所有によるPPA(電力購入契約)モデルで太陽光発電設備を導入すると発表。余剰電力は電力小売事業の電源として有効活用するスキームを構築し、再生可能エネルギーの効率的な活用を目指すという。(2021/8/19)

    「環境と共生」住宅を九大院生が設計 来年2月完成
    脱炭素が世界的な潮流になる中、建設業界でも住宅のエネルギー消費が少なく、二酸化炭素排出を減らす視点が求められている。若い世代のアイデアを生かし、持続可能な建築のあり方を提案する。(一居真由子)(2021/8/18)


    サービス終了のお知らせ

    この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

    にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。