• <samp id="egaec"></samp>
  • <menu id="egaec"></menu>
  • <blockquote id="egaec"><u id="egaec"></u></blockquote>
  • ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

    「スマートフォン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

    活性化するモバイルデバイスの二次流通【後編】
    「中古スマホ」なぜ増える? 「5G」が原因との声も
    米国でモバイルデバイスの二次流通市場が著しく成長している。成長をけん引するのは何なのか。下取りの現場で起こっている“ある変化”とは。(2021/10/8)

    Mobile Weekly Top10:
    「AQUOS zero6」「AQUOS sense6」登場/「Xperia 5 III」には日本限定色あり
    iPhone 13シリーズの話題が落ち着いた今日この頃。今度はAndroidスマートフォンの新モデルのターンです。やはりAQUOSとXperiaの注目度は高いですね……。(2021/10/7)

    ドコモ、店頭でMVNO取り扱い開始 3G未満の少容量格安サービス
    NTTドコモは10月7日、全国のドコモショップで低価格MNVOの新規契約を可能にする。対象となるのは、「エコノミーMVNO」と呼ぶ、dアカウントやdポイントを活用するMVNO。データ通信容量は月間3Gバイト未満とし、低料金のスマホ契約を求めるニーズに応える。(2021/10/7)

    初めて「メルペイスマート払い(定額払い)」利用で40%還元キャンペーン 10月21日まで
    スマホ決済サービス「メルペイ」が、10月21日まで「はじめての定額払い40%還元キャンペーン」を開催。初めて「メルペイスマート払い(定額払い)へに切り替えると40%相当分のポイント(上限1万ポイント)が還元される。(2021/10/7)

    浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
    いまさらスマホ進出? 自動車メーカー「吉利」の意図
    中国最大の民営自動車メーカー・吉利がスマートフォン製造に参入した。自動車に足を踏み入れたスマートフォンメーカーにはシャオミ、ファーウェイ、未発表ながらアップルがあるが、その逆パターンは例がない。10月に入ってからは子会社ボルボのIPOも発表。多方面に布石を打ちながら、吉利は何を目指すのか。(2021/10/7)

    スマホ向けATOKの買い切り版、10月末でサポート終了へ Android版はサブスクで継続
    ジャストシステムは、日本語入力アプリ「ATOK for Android」「ATOK for iOS」のサポートを10月末で終了する。Android版はサブスク型の「ATOK passport」で利用可能だが、iOS版はいったん終了となる。(2021/10/6)

    ドコモの新機種は「コスパ」と「使いやすさ」重視 SIMフリーでも端末企画は継続
    NTTドコモが10月6日、2021-2022冬春の新型スマートフォンを発表した。新モデルは全機種が5Gに対応し、ハイスペック、スタンダード、あんしんスマホとらくらくスマホ、そしてレノボのノートPCなど、バラエティー豊かなラインアップとなった。今回は、コストパフォーマンスと使いやすさを重視した。(2021/10/6)

    「にこスマ」の中古iPhone販売ランキング、iPhone 8(64GB)が6カ月連続で1位に
    中古スマートフォンのECサイト「にこスマ」が、2021年9月の中古iPhone/機種別販売数ランキングを発表。iPhone 8(64GB)が6カ月連続で1位を獲得した。(2021/10/6)

    マネックス証券、スマホ証券「ferci」利用拡大 単元未満株取引手数料無料化も追い風
     マネックス証券は10月5日、2019年6月にサービス提供を開始した、かんたんスマホ投資「ferci」の利用状況や、資産運用初心者層の利用動向や利用意向についてのレポートを発表した。(2021/10/6)

    オールバンクのスマホ決済サービス「Bank Pay」 本格始動で利用拡大を目指す
     日本電子決済推進機構(東京都千代田区)は10月5日、2019年10月より開始した「Bank Pay」(バンクペイ)の取り扱い金融機関が33行、利用可能な加盟店が13万カ所以上に拡大したと発表した。(2021/10/6)

    ドコモが「Android 12」バージョンアップ対象モデルを公表 46機種で対応予定
    NTTドコモが、自社で販売してきたAndroidスマートフォン/タブレットに対する「Android 12」へのバージョンアップ予定を公表した。全46モデルがバージョンアップの対象となる見通しだ。(2021/10/6)

    ドコモが2021年冬・2022年春商戦向け新モデルを発表 全機種が5G対応 京セラ製スマホやThinkPadの姿も
    NTTドコモが2021年冬商戦と2022年春少年向けの新モデルを発表した。全て5G対応モデルとなったことが大きな特徴だ。(2021/10/6)

    スマホの急速充電ニーズの課題に対応:
    充放電過電流検出電圧精度±0.75mVの1セルバッテリー保護IC
    エイブリックは2021年9月28日、「世界最高精度」(同社)という充電/放電過電流検出電圧精度±0.75mVを実現した1セルバッテリー保護IC「S-82P1A/S-82P1Bシリーズ」の販売を開始した。ハイエンドスマートフォンのバッテリー回路向けを主なターゲットに、今後3年間で3億個の販売を目指す。(2021/10/6)

    ドバイ万博で日本館が好調 「デジタル」「参加型」に高評価
    アラブ首長国連邦で開催中のドバイ万博で、日本館が好評を博している。貸与されるスマートフォンを通じ、あたかも展示に“参加”できるような仕組みを取り入れたり、幻想的な霧に包まれたりなど、独特の感覚を得られることが好感の理由のようだ。(2021/10/6)

    ドコモ、5G対応の「らくらくスマートフォン」を発表 ワンセグやマスク通話モード搭載
    NTTドコモは6日、FCNT製の「らくらくスマートフォン F-52B」を発表した。らくスマとして初めて5Gに対応。新しい生活様式にあわせた「マスク通話モード」を搭載する。(2021/10/6)

    ドコモから京セラ製の「あんしんスマホ」 ケータイ風のボタン配置、ワンタッチで画面メモ撮影
    NTTドコモは6日、京セラ製の「あんしんスマホ KY-51B」を発表した。これからスマホデビューするシニア層を対象とした製品で、通話キーやメールキーを装備。スマホならではの使い方を紹介するコンテンツも提供する。【更新】(2021/10/6)

    エントリー5Gスマホ「Galaxy A22」がドコモから登場 初心者向けの機能が充実
    NTTドコモが10月6日、サムスン電子製のスマートフォン「Galaxy A22 5G SC-56B」を発表。Galaxy A22は、フィーチャーフォンからスマートフォンに乗り換えるユーザーに向けたエントリーモデル。文字やアイコンを大きく表示する「かんたんモード」や、フィーチャーフォンのデータを移行できるアプリを用意している。(2021/10/6)

    Nintendo Switchを片手で操作できるアタッチメント登場! Joy-Conとスマホの二刀流でながらプレイもできるぞ
    リング付きでしっかり固定できます。(2021/10/5)

    「Bank Pay」が本格始動 取扱金融機関は33行、加盟店は13万カ所以上に拡大
    日本電子決済推進機構が提供し、オールバンクで取り組むスマホ決済サービス「Bank Pay」の取扱金融機関が33行(2021年中に127行予定)、利用可能な加盟店が13万カ所以上に拡大した。(2021/10/5)

    ドコモ、au、ソフトバンクが5Gスマホ「arrows We」を12月上旬以降に発売
    NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは、12月上旬以降に5Gスマートフォン「arrows We」を発売する。手頃な価格ながら、5G対応であることが大きな特徴だ。【訂正】(2021/10/5)

    衛星業界に巨大市場が追加:
    一般的な5Gスマホで、衛星との直接接続を実現へ
    もう、『圏外だ』という言い訳はできなくなりそうだ。「5G NR(New Radio)」規格の最新のアップデートによって、互換性のあるデバイスは世界中どこにいても5G(第5世代移動通信)対応の衛星で接続できるようになる。接続には、従来のような専用の携帯電話機も必要ない。(2021/10/5)

    20〜50%還元が継続、「超PayPay祭」も注目 スマホ決済10月のキャンペーンまとめ
    2021年10月のスマホ決済キャンペーンも、20〜50%還元のものが目立つ。10月18日〜11月28日に開催される大規模キャンペーン「超PayPay祭」では、多数の加盟店がクーポンを配信し、オンラインショップでもキャンペーンを行う。ドコモはd払いを初めて利用すると50%を還元するキャンペーンを実施している。(2021/10/5)

    請求書や注文書、問診票――紙帳票から自動でデータ抽出 キヤノンマーケティングが11月にサービス開始
    キヤノンマーケティングジャパンは、「AI OCR×データ入力サービス」を提供する。紙帳票をスキャンしたPDFや、スマートフォンなどで撮影した画像から情報を抽出し、編集可能な電子データとして提供する。(2021/10/5)

    au、10月8日に「AQUOS zero6」発売 7万1585円
    KDDIは、10月8日に5G対応スマホ「AQUOS zero6」を発売。約6.4型ディスプレイや4010mAhのバッテリーを搭載しつつ、約146gの重量を実現している。価格は7万1585円(税込み)。(2021/10/4)

    ホンダ、新車購入用のオンラインストア開設 FITなどの人気車種をサブスク形式で利用可能に
    ホンダがスマートフォンなどで新車を購入できるようオンラインストア「Honda ON」を開設した。オンライン上で購入に向けた商談や見積もり、査定、契約ができるようになる。サービス開始時は都内在住者が主な対象ユーザーだが、順次対象エリアを拡大する。(2021/10/4)

    スマホにも直接刺せる小型設計のUSB Type-CポータブルSSDがMakuakeで提供開始
    ケーエスディは、台湾POLYBATTブランド製のUSB Type-C外付け型ポータブルSSD「」の取り扱いを発表した。(2021/10/4)

    山根康宏の海外モバイル探訪記:
    Xiaomiの大画面スマホ「MIX 4」は、インカメラの存在が分からない作り
    Xiaomiが2021年8月に発表した「MIX 4」は、それまで「Mi MIX」シリーズとして展開してきた大画面モデルの最新製品です。2000万画素のインカメラを内蔵しているものの、カメラはディスプレイの下に埋め込まれています。MIX 4は斜めからディスプレイ上部中央を見ても、カメラが埋め込まれているようには見えません。(2021/10/4)

    ムスビー9月の中古スマホランキング iPhone 8/SE(第2世代)が上位
    中古スマホ専門のフリマサイト「ムスビー」で2021年9月に取引されたスマホのランキングを、運営会社のウェイブダッシュが公開した。総合ランキングではiPhoneシリーズが独占しているが、Androidでは最新モデルのドコモ版「Xperia 1 III」がランクイン。「iPhone 13」の発売決定を受けてか、「iPhone 11」など比較的新しいiPhoneのランク上昇も見受けられる。(2021/10/2)

    活性化するモバイルデバイスの二次流通【前編】
    「中古スマホ」市場が活況 最も下取りに出されたiPhone、Androidスマホは?
    パンデミックが続く中で、米国のモバイルデバイス二次流通市場が急成長している。下取りに出されているのは、どのような端末なのか。(2021/10/2)

    goo Simsellerが「moto g50 5G」を販売開始 「OCN モバイル ONE」とのセットで1万7484円
    NTTレゾナントは、10月1日にスマートフォン「moto g50 5G」を販売開始。「OCN モバイル ONE」とのセット価格は1万7484円(税込み)で、MNPでは1万4300円を割り引く。(2021/10/1)

    ソフトバンクが「AQUOS zero6」を10月8日に発売 約7.5万円
    ソフトバンクは、10月8日に5Gスマホ「AQUOS zero6」を発売。マグネシウム合金フレームの使用で重量約146gを実現し、4010mAhのバッテリーや約6.4型の有機ELディスプレーを搭載する。(2021/10/1)

    BIGLOBEモバイルが「Xperia 10 III Lite」を10月22日に発売 Gポイント還元で実質2万2880円に
    BIGLOBEモバイルは、10月22日にソニー製スマートフォン「Xperia 10 III Lite」を提供開始。価格は4万4880円(税込み)で、音声通話SIMとセットで申し込むとGポイントにて2万円相当還元となる。(2021/10/1)

    ドコモも「Nreal Air」を12月に発売 約76gのスマートグラス
    NTTドコモは、12月にARグラス「Nreal Air」を発売。約76gの軽量モデルで長時間利用しやすく、スマホと接続して「ミラーリングモード」「MR Space」などの機能を利用できる。(2021/10/1)

    石川温のスマホ業界新聞:
    欧州委員会がスマホ充電端子を「USB Type-C」に統一へ――アップルはLightningを辞めるのか。それともMagsafeにシフト?
    欧州委員会が、スマートフォンの充電端子をUSB Type-Cに統一する法案を上程した。この法案が成立すると、ヨーロッパ連合(EU)加盟国で販売されるスマホの充電端子は全てUSB Type-Cとすることが義務付けられる。この法案に対して、独自のLightning端子を採用するAppleが反発している。(2021/10/1)

    ドコモの「dTVチャンネル」終了へ 専門チャンネルの見放題サービス
    NTTドコモが、スマホやタブレットで利用できる専門チャンネルの見放題サービス「dTVチャンネル」の提供を2022年3月31日に終了する。「昨今の状況に鑑み、経営資源を集中する」(ドコモ)という。(2021/9/30)

    ドコモ、au、ソフトバンクが「Xperia 5 III」を11月中旬以降に発売
    NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが、ソニーの5Gスマートフォン「Xperia 5 III」を11月中旬以降に発売する。フラグシップモデル「Xperia 1 III」とほぼ同等のカメラや4500mAhバッテリーを、幅68mmのボディーに凝縮した。漏れなく3つの特典がもらえるキャンペーンも実施している。(2021/9/30)

    幅68mmの小型スマホ「Xperia 5 III」が11月中旬以降に発売 日本限定カラーも
    ソニーが9月30日、新型スマートフォン「Xperia 5 III」の国内投入を発表。11月中旬以降の発売を予定している。フラグシップモデル「Xperia 1 III」と同等のカメラや4500mAhバッテリーをコンパクトなボディーに凝縮。日本限定カラーとしてフロストブラックとフロストシルバーを用意する。(2021/9/30)

    AIカンニング防止へ、日本棋院が抜き打ち荷物検査
    囲碁の日本棋院(東京都千代田区)がこのほど、対局中に抜き打ちで所持品検査を始めた。スマートフォンなど電子機器でAIを不正に使用し着手するのを防ぐための措置だ。(2021/9/30)

    ドコモとauの「Galaxy Z Flip3 5G」「Galaxy Z Fold3 5G」は10月6日発売
    サムスン電子製スマートフォン「Galaxy Z Flip3 5G」「Galaxy Z Fold3 5G」が10月6日に発売される。購入者にGalaxy Buds Proをプレゼントするキャンペーンも実施される。(2021/9/29)

    応用し放題:
    スマホのカメラ映像をリアルタイムに共有 ソフトバンクが法人向けコミュニケーションサービス「visuamall VISUAL TALK」を提供
    ソフトバンクが、法人向けコンテンツ配信管理サービス「visuamall(ビジュアモール)」のラインアップに、アプリ不要でスマートやタブレットの映像を共有できるサービスを追加する。B2Bだけではなく、B2Cのサポートサービスでの利用も想定しているという。ライセンス料金は、同時接続できるクライアント(ユーザー)数に応じて決まるようになっている。(2021/9/29)

    2021年以降のAQUOSはeSIMを標準搭載、スマート家電に自動接続する機能も
    シャープが9月28日、同社のスマート家電にスマートフォンAQUOSが自動接続する新機能「AQUOS Smart home HUB」を発表した。AQUOSがWi-Fiに接続し、COCORO MEMBERSにサインインするだけで、シャープのスマート家電と連携。「かんたんデータコピー」とeSIMも今後は標準対応する。(2021/9/28)

    “軽さは正義”の「AQUOS zero6」と“薄型+大容量バッテリー”の「AQUOS sense6」 シャープ新スマホの特徴
    シャープが2021年秋冬商戦向けのスマートフォンとして、「AQUOS zero6」と「AQUOS sense6」を発表した。AQUOS zero6は、ディスプレイが6型以上、バッテリー容量が4000mAh以上の防水5Gスマートフォンで世界最軽量となる146gを実現。AQUOS sense6は4570mAhのバッテリーを搭載しながら、先代のAQUOS zero5G basicから1mm薄くすることに成功した。(2021/9/28)

    +Style、横幅56mmの小型スマホ「mode1 GRIP」を2万2000円で発売
    プラススタイルは、SIMロックフリーの4Gスマートフォン「mode1 GRIP」を発売。手が小さい人でも持ちやすい横幅56mmを実現し、ワイヤレス充電台が手に入る予約キャンペーンも行う。価格は2万2000円(税込み)。(2021/9/28)

    百貨店に“買えない”売り場 商品を手に取って見る→購入はスマホで
    「大丸東京店」に、EC専門ブランドが商品を展示するショールームがオープン。商品が気に入れば、店頭のQRコードから通販サイトで購入する。(2021/9/28)

    メルペイ、デニーズほか5ブランドで利用可能に 10月14日まで20%還元クーポンを配信
    スマホ決済サービス「メルペイ」が、セブン&アイ・フードシステムズの運営する「デニーズ」ほか5ブランド353店舗で利用可能に。これを記念し、10月1日〜10月14日に20%還元クーポンを配信する。(2021/9/28)

    シャープが「AQUOS sense6」発表 7.9mmの薄型ボディーにIGZO OLEDを搭載
    シャープが、スマートフォンAQUOSの新製品「AQUOS sense6」を2021年秋以降に発売する。シリーズ初となるIGZO OLEDや4570mAhのバッテリーを搭載しながら、先代の「AQUOS sense5G」から11%の薄型化に成功した。ディスプレイは約6.1型のIGZO OLEDを搭載している。(2021/9/28)

    約146gの軽量ボディーを実現した「AQUOS zero6」登場 5Gミリ波やeSIMにも対応
    シャープが、2021年の秋冬モデルとして、スマートフォン「AQUOS zero6」を発表。必要十分な機能を備えながら、約146gという軽量ボディーを実現した。カメラには、AQUOS R6の画質技術をベースに開発した新画質エンジン「ProPix3」を採用した。(2021/9/28)

    コロナ禍で盛り上がるバーチャルイベント 普及の鍵は「スマホ参加型」にあり
    仮想空間上の「お台場」や「渋谷」で開催したイベントに数十万人が参加した。高価な機材を使うVRと違い、スマホで参加できるバーチャルイベントは今後のイベントの鍵になりそうだ。(2021/9/28)

    Mobile Weekly Top10:
    正式発表前なのにキャンペーンが相次ぐ「Pixel 6」/iPhone 13シリーズを少しでも安く買う方法
    Googleの最新スマートフォン「Pixel 6」「Pixel 6 Pro」は、正式発表されていないにも関わらず情報の小出しやキャンペーンが相次いで行われています。正式発表前にガンガンと情報発信する意図はどこにあるのでしょうか……?(2021/9/27)

    シャープ、9月28日にスマートフォンAQUOSの新製品を発表
    シャープが、9月28日にスマートフォンAQUOSの新製品を発表する。当日は10時から新製品についての動画を配信する。ミッドレンジモデルの後継機が登場する?(2021/9/27)

    「povo2.0」は9月29日9時スタート 月額830円の「スマホ故障サポート」も提供
    KDDIと沖縄セルラー電話のオンライン専用ブランド「povo」の新サービスの開始期日が9月29日9時に決まった。サービス開始に合わせて、新しいトッピングとして月額830円の「スマホ故障サポート」の提供を開始する。(2021/9/27)

    基本料0円の「povo2.0」9月29日スタート SIMフリーや中古で買ったスマホでも入れる保証サービス追加
    KDDIがオンライン専用ブランド「povo」として、基本料0円の新プラン「povo2.0」の提供を9月29日にスタートする。SIMロックフリーや中古で買ったスマホに後から付けられる保証サービスも同時に提供を始める。(2021/9/27)

    スマホで読める電子図書館 コロナ禍で貸し出し急増
    新型コロナウイルスの流行下で、公共図書館での電子書籍の貸し出し数が都内でも急増している。いつでもどこでもスマートフォンやパソコンで本を借りて読めるため、来館する必要がない。全国に先駆けて2008年に電子図書館を導入した東京都千代田区立図書館では20年、電子書籍の貸し出し点数が前年比273%と大幅に増えた。コロナの流行を機に、図書館利用者の裾野を大きく広げる可能性がある。(2021/9/27)

    ファーウェイ、スマホ事業で4兆円規模の減収へ
    中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の徐直軍副会長兼輪番会長は24日に北京市内で行った記者会見で、今年のスマートフォン事業の売上高について「少なくとも300億〜400億ドル(約3兆3千億〜4兆4千億円)減るだろう」との見通しを明らかにした。(2021/9/25)

    E Inkパネルを使った外付けモニター「BOOX Mira」 USB Type-C1本で接続可 約9万6800円
    中国ONYX Internationalの正規代理店であるSKTは9月24日、E Inkパネルを使った13.3インチの外付けディスプレイ「BOOX Mira」を28日に発売する。市場想定価格は9万6800円前後。miniHDMIポートの他、USB Type-Cポートを内蔵。PCやスマートフォンとケーブル1本で接続できる。(2021/9/25)

    カギもスマホも持たず外へ→子どもに閉め出された!! 歌って乗り切った体験談漫画
    家の外に置いたおもちゃを取りに行った時に起こりました。(2021/9/25)

    「絵が描けなくても漫画ネームを作れる」は本当か “絵心ゼロ”記者が使ってわかった「World Maker」の実力
    “絵心ゼロ”記者が、絵が描けない人でも漫画のネームが作れるスマホ向けWebサービス「World Maker」に挑戦。実際にネームを作ってみて見えてきたものとは。(2021/9/24)

    Androidにこの秋追加予定の13の新機能 TVリモコンや「Camera Switches」など
    Googleが今秋追加予定のAndroidの新機能を13個紹介した。既にPixelシリーズでは使えるものが多い。「Google TV」アプリが日本でも公開され、Android TV対応テレビをスマートフォンでつけられるようになる。(2021/9/24)

    ホンダの新型車、ナビに直接「Googleマップ」表示へ スマホ不要に
    ホンダがGoogleと車載サービスで連携。スマホを使わず、ナビ画面から直接Googleマップなどを利用できる。(2021/9/24)

    EU、スマートフォンなど電子機器の充電を「USB-C」に統一する法案 Appleは「イノベーションを抑制する」
    欧州委員会は、スマートフォンなど電子機器の充電方法をUSB-Cに統一する法案を提出した。スマートフォンでUSB-Cを採用していないのはほぼAppleのみ。Appleは「1種類のコネクタのみを義務付ける厳格な規制はイノベーションを抑制する」とコメントした。(2021/9/24)

    「Galaxy Z Fold3 5G」はビジネス市場で存在感を示すか【後編】
    約20万円スマホ「Galaxy Z Fold3 5G」を高過ぎて買わない人、それでも買う人の違い
    ビジネスニーズに沿った新機能を搭載した、Samsung Electronicsの折りたたみ式デバイス「Galaxy Z Fold3 5G」。ただしその魅力とは裏腹に、企業採用は伸び悩むのではないかとアナリストは予測する。その理由は。(2021/9/24)

    IIJmio、シャープ製スマホ「AQUOS R6」とOPPO製ワイヤレスイヤフォンを発売
    IIJmioサプライサービスは、9月24日からシャープ製スマートフォン「AQUOS R6」とOPPO製ワイヤレスイヤフォン「OPPO Enco Buds」「OPPO Enco Free2」を販売開始する。(2021/9/22)

    PCやウェアラブルを強化するファーウェイ 日本市場でどう戦う? 責任者に聞く
    スマホで知名度を上げたファーウェイ(華為技術日本)だが、最近はPC、ディスプレイやウェアラブルデバイスといった「非スマートフォン」に力を入れている。その狙いはどこにあるのか、デバイス部門の日本・韓国リージョンプレジデントを務める楊涛(ヤン・タオ)氏に話を聞いた。(2021/9/22)

    「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了
    スマートフォンの普及や5G通信システムのエリア拡大など通信の高速化が進む裏側で、旧方式の3Gサービスが来年から段階的に終了していく。携帯電話大手は主に高齢者を対象にしたスマホ教室などで、4Gや5Gに対応した機種への乗り換えを支援しており、20年前に携帯電話に革新をもたらした3Gの終焉(しゅうえん)が近づいている。(2021/9/22)

    マイクロラーニングを成功に導くヒント【中編】
    現場で撮ったスマホ動画も教材に 「マイクロラーニング」用教材の作り方
    「マイクロラーニング」は人材開発に効果を発揮する可能性がある。企業がマイクロラーニング用の教材制作や研修の実施を成功させるためのヒントを4つ紹介する。(2021/9/22)

    メルペイ、JAバンクの口座からチャージ可能に
    メルカリのスマホ決済サービス「メルペイ」がJAバンクとの連携を始めた。メルペイにJAバンク口座を登録することで、同口座からリアルタイムでメルペイにチャージできるようになる。(2021/9/21)

    Qualcommの独自スマホ「Smartphone for Snapdragon Insiders」が9月25日発売 約16.5万円
    QualcommのASUS製5Gスマートフォン「Smartphone for Snapdragon Insiders」が、ASUS Store限定で9月25日に発売される。価格は16万4880円(税込み)。Qualcommのコミュニティー「Snapdragon Insiders」向けのオリジナルスマートフォン。(2021/9/21)

    ドコモ、「2年縛り」などの解約金を10月に廃止 独自の「解約金留保」も撤廃
    NTTドコモが、スマートフォン向け通信プランの定期契約を途中で解約したときに発生する解約金を廃止する。定期契約プランを別のプランに切り替えたあとでも、当初の契約期間を満了するまで解約金が発生する「解約金留保」も撤廃する。(2021/9/21)

    LINE証券「いちかぶ」、484銘柄追加 取扱銘柄1500銘柄以上に拡大
     LINE証券は、10月4日よりスマホ投資サービス「LINE証券」の1株から取引可能な「いちかぶ(単元未満株)」において、新たに484銘柄を追加すると発表した。これにより取り扱い銘柄は1500銘柄以上に拡大する。(2021/9/21)

    段階的に:
    「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了
    スマートフォンの普及や第5世代(5G)移動通信システムのエリア拡大など通信の高速化が進む裏側で、旧方式の3Gサービスが来年から段階的に終了していく。(2021/9/21)

    「オンライン診療」 自宅の画面で医師と対面 コロナ禍で普及
    スマホの画面越しに医師が呼びかける。こんな「オンライン診療」が広がっている。アプリで予約、診療、会計まで完結するとともに、処方箋・服薬指導も補完され、薬が自宅に届く合理的なシステムだ。患者側には時短で手軽に診療が受けられるメリットがあり、医療側にも新規患者の獲得という期待感もあるという。(2021/9/21)

    石野純也のMobile Eye:
    リセールバリューの高いiPhoneがお得に “残価設定プログラム”で変わるスマホの買い方
    9月24日に販売が始まるiPhone 13シリーズの予約開始に先立ち、大手キャリア各社が新たな販売方法を導入している。ドコモは約2年半前に導入した「スマホおかえしプログラム」を刷新して「いつでもカエドキプログラム」を導入。今まで以上に端末の“リセールバリュー”を意識した買い方が求められるようになってくる。(2021/9/18)

    スマホ版「ワクチン接種証明」はマイナンバーで申請 事業者向けAPIも提供へ
    ワクチンの接種をスマートフォンで電子交付する際の仕様案公開。APIも提供し、事業者や公共機関が予約受付の際などに使えるようにする計画だ。(2021/9/17)

    Windows Hello、Microsoft Authenticator、確認コードなどとの組み合わせで:
    Microsoftアカウントがパスワードなしで使用可能に
    Microsoftは「Microsoftアカウント」でパスワードを削除した。「Windows Hello」やモバイルアプリケーション「Microsoft Authenticator」、セキュリティキー、スマートフォンや電子メールに送信される確認コードなど、パスワードを使わない方法でサインインできる機能の一般提供を開始した。(2021/9/17)

    民放初、プライム帯のTV番組ライブ配信 日テレが10月開始 「イッテQ!」など
    日テレがプライム帯の地上波番組を「TVer」でライブ配信へ。テレビがなくてもスマホやPCで地上波番組をリアルタイムに視聴できる。民放が地上波番組を継続的にライブ配信するのは初。(2021/9/17)

    auが「Galaxy Z Flip3 5G」「Galaxy Z Fold3 5G」の直営店価格を公表 スマホトクするプログラムにも対応
    KDDIが、「Galaxy Z Flip3 5G SCG12」と「Galaxy Z Fold3 5G SCG11」の直営店(au Style Shinjukuなど)における販売価格を公表した。NTTドコモ向けモデルのドコモオンラインショップにおける販売価格とほぼ同額の設定となっている。(2021/9/17)

    ハウスガード、賃貸オーナー向け保険の更新がスマホで
    少額短期保険ハウスガードは、入居者向けの保険加入・更新手続きに続き、賃貸住宅のオーナー向け保険「オーナーズガード(賃貸住宅経営あんしん補償保険)」でも、10月満期契約分から契約更新手続きがスマートフォンで可能とした。(2021/9/17)

    iPhone13、熱気欠く消費者 旧機種に買い得感
    カメラ機能の強化などを打ち出した米Appleのスマートフォン「iPhone」の新機種「13」シリーズに対する日本の消費者の反応は熱気に欠けている。他社が折り畳みスマホなどの新機軸を打ち出す中、iPhoneの相対的な魅力が衰えれば、スマホ利用者の過半数がiPhoneを所有するとされる日本でもAppleの神通力が陰りかねない。(2021/9/17)

    市場は成長も長期的には鈍化の懸念
    「5G」スマホ新興市場で「Android」が「iPhone」に“圧勝”の理由
    高速で遅延の少ない「5G」による通信が可能なスマートフォンは、2025年にかけて大きく売上高を伸ばす見込みだ。特に「Android」スマートフォンが成長のけん引役になるとの見方がある。その理由は。(2021/9/17)

    撮れたての映像素材をクラウドに送信・即編集、ソニーが新サービス 業務用カメラとスマホを接続
    ソニーが、映像制作向けカメラで撮影した映像素材をスマートフォン1台でクラウドに送信できるサービス「C3 Portal」を開発した。専用アプリで撮影情報の編集やカメラの遠隔操作ができる。(2021/9/16)

    iPhone 13シリーズ4機種、「デュアルeSIM」に初対応
    米AppleのiOS搭載スマートフォンの新モデル「iPhone 13」シリーズ4機種が、2つのeSIMを使用できる「デュアルeSIM」にiPhoneシリーズとして初めて対応した。(2021/9/15)

    本田雅一のクロスオーバーデジタル:
    「iPhone 13」はまたもカメラが劇的進化 大型のプロ用カメラをスマホでどこまで再現できるのか
    Appleが「iPhone 13」シリーズを発表。販売台数でいえば、メインはProではない無印の「iPhone 13」だが、注目はやはり「iPhone 13 Pro」におけるカメラ機能の大幅進化だ。今回のモデルチェンジで大型のプロ用カメラにどこまで近づけたのだろうか。(2021/9/15)

    「iPhone 13」でも「mini」サイズ継続 カメラ強化 8万6800円から
    Appleは9月14日(米国時間)、5G対応の新型スマートフォン「iPhone 13」シリーズの最小モデル「iPhone 13 mini」を発表した。miniモデルは前作の「iPhone 12」シリーズで登場したが13でも継続した。価格は8万6800円から。(2021/9/15)

    製品動向:
    防火設備仕様の住宅ガレージドア「フラムヴェスタ」発売
    文化シャッターは、同社の住宅用オーバースライディングドア「フラムヴェスタ」を首都圏エリアで先行発売している。車2台分、最大間口6メートルの防火設備仕様のガレージ商品。スマートフォンで屋内外から開閉できる。(2021/9/15)

    ソフトバンク榛葉副社長に聞く 5Gエリア展開からPayPayキャンペーン、SoftBank Airまで
    ソフトバンクが5Gエリア展開やスーパーPayPayクーポン、5G対応のSoftBank Airなどを発表。5Gは2021年10月に人口カバー率80%を達成予定だが、これは当初から予定していたことなのか。PayPayでソフトバンクのスマホユーザーに限定したキャンペーンを実施する狙いは?(2021/9/14)

    20年度の中古スマホ販売数、過去最高に 「SIMロック禁止」でさらに拡大へ
    2020年度の中古スマートフォンの販売数は過去最高だったとMM総研が推計。今年10月からの「SIMロックの原則禁止」で、市場はさらに拡大する見通しだ。(2021/9/14)

    2020年度の中古スマホ販売台数は185万台に増加、SIMロック禁止も追い風に
    MM総研が9月14日に、中古スマートフォンの国内市場についての調査結果を発表した。「2025年に中古スマホの取引市場は268万台に拡大する」と予測している一方で、アンケートでは約40%が直前に利用した端末を家に保管すると答え、下取りサービスの利用が約80%、中古ショップへの売却も7%程度にとどまった。(2021/9/14)

    最大50%還元の「スーパーPayPayクーポン」、ソフトバンクのスマホユーザー限定で提供
    ソフトバンクとPayPayは、10月18日から商品の支払いに「PayPay」を利用すると最大半額相当の「PayPayボーナス」を還元する「スーパーPayPayクーポン」を提供。ソフトバンクのスマホユーザー限定となる。(2021/9/14)

    ゲオの中古スマホ8月ランキング SIMフリーは「iPhone SE(第2世代)」が好調
    ゲオは、9月14日に「ゲオ中古スマートフォン8月月間ランキング」を発表。SIMロックフリー端末では販売/買い取りともに「iPhone SE(第2世代)」が1位を獲得している。(2021/9/14)

    ソフトバンクが「Pixel 6/6 Pro」を2021年秋に発売へ
    ソフトバンクが、2021年秋にGoogleのスマートフォン「Pixel 6」と「Pixel 6 Pro」を発売する。Pixel 6 Proについては、国内キャリアではソフトバンクが独占販売する。Googleの独自プロセッサ「Google Tensor」を搭載している。(2021/9/14)

    「AQUOS R6」のSIMフリーモデルが9月24日に発売 16万5000円前後
    シャープが、5G対応のSIMロックフリースマートフォン「AQUOS R6 SH-M22」を、9月24日から順次発売する。センサーからレンズ設計、画質調整までライカ(Leica)と共同開発したカメラを搭載している。場想定価格は16万5000円前後(税込み)。(2021/9/14)

    Mobile Weekly Top10:
    9月のスマホ決済のキャンペーンはどんな感じ?/折りたたみ×防水+おサイフケータイで魅力が増したGalaxy Zシリーズ
    スマートフォンを使った決済サービスは、毎月さまざまなキャンペーンを実施することでアクティブ率を高めようとしています。そんな中、トップシェアを誇るPayPayが店舗における手数料を10月から完全に有償とします。これにより、利用できる店舗が減少するのか、それとも……?(2021/9/13)

    荻窪圭のデジカメレビュープラス:
    早すぎたAndroidデジカメ──1型センサー搭載スマホを見て思い出す7年前の名機
    シャープがライカとの協業で「AQUOS R6」を発表し、そのライカ版ともいえる「Leitz Phone 1」が登場。それを見て昔からのカメラ好きは思い出したと思う。パナソニックが2014年に発売した「DMC-CM1」を。(2021/9/12)

    スッポンにスマホをかざしてみたら…… QRコードの読み取りに成功した“まさかの事態”に驚きの声続々
    どこにつながるのか。(2021/9/12)

    石野純也のMobile Eye:
    歴代で最も買いやすい折りたたみスマホに 「Galaxy Z Fold3 5G/Z Flip3 5G」の狙い
    新たに発表した「Galaxy Z Fold3 5G」と「Galaxy Z Flip3 5G」は、2020年のモデルから価格を引き下げ、利用シーンを広げる防水に対応。日本ではフォルダブルスマートフォンとして初めておサイフケータイに対応する。日本での戦略もグローバルと同じで、フォルダブルのメインストリーム化を狙う。(2021/9/11)

    スマホの中の“お友達”に歌を贈るインコ 届かない歌声とけなげな姿を応援したくなる
    オンラインでお話できるといいね。(2021/9/11)

    「Galaxy Z Fold3 5G」はビジネス市場で存在感を示すか【前編】
    Samsungの折りたたみスマホ「Galaxy Z Fold3 5G」、仕事でうれしい機能は?
    Samsung Electronicsの折りたたみ式スマートフォン「Galaxy Z Fold」シリーズの最新モデル「Galaxy Z Fold3」は、ビジネスユーザーにとってどれほど魅力的な機能を搭載しているのか。専門家が注目する新機能は。(2021/9/11)

    山根康宏の中国携帯最新事情:
    「P50 Pro」をようやく発売したHuawei “5Gなし”で今後のビジネスはどうなる?
    Huaweiの2021年フラグシップスマートフォン「P50」シリーズがようやく発売された。米国政府の制裁を受けて発売時期が遅れただけではなく、5Gへの非対応、複数プロセッサの採用、そしてバリエーションは2モデルにとどまるなど、不利な面が多い。中国国内で5Gの普及が進めば進むほど、5G非対応モデルしか投入できないHuaweiのスマートフォンは魅力が薄まってしまう。(2021/9/10)

    携帯市場、9月初週の中古iPhoneの売り上げが前年比2.7倍と発表 「SE 2」「XR」が上位に浮上
    スマートフォンの中古販売を手掛ける携帯市場は、2021年9月1日から7日までの中古スマホの売り上げが前年同期比の約2.7倍、販売台数は約1.6倍になったと発表。(2021/9/10)

    「歩行者はなぜ他の歩行者にぶつかるのか」イグノーベル賞に京都工芸繊維大・村上久助教ら 日本人の受賞は15年連続
    歩きスマホ、他の歩行者集団にとっても悪影響だった。(2021/9/10)


    サービス終了のお知らせ

    この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

    にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。